アメリカ合衆国

通貨を変更する

基本的な月額生活費

  • 共有アパートで借りる

    930
  • ユーティリティのシェア

    58
  • インターネットサブスクリプション

    68
  • 地元の交通機関

    70

サンプルのライフスタイルコスト

  • ファーストフードコンボ

    8
  • シネマチケット

    12
  • 地ビールのパイント

    5

アメリカ合衆国について

米国はすぐ南カナダのとメキシコの国境の北、北米で北半球に位置しています。また、48の連続した​​状態と、アラスカとハワイ諸島:これは、50の州で構成されている。米国の社会は国自体と同じくらい多様です。いくつかは、現在の経済状況を考えると、その点を主張するかもしれませんがないカースト制度はありません。自分の幸運をした多くの起業家や富裕層があり、かつ最低賃金を作る工場労働者があります。 USAは勉強するか、生きるために彼らの場所にすることを選択する人のための多くの自由を持つ偉大な国です。米国で学ぶことは、多くのエキサイティングな機会を提供しています。米国 'sの属性のリストの上位には、法律の学位を求めているものを含めて、それ留学生のための非常に切望された目的地になり、その非凡な高等教育システム、である。 米国の法的体制米国法制度は、司法の規制および政府当局をフィーチャーし、チェック·アンド·バランスの相互接続されたシステムを備える。一緒に、これらのエンティティは、連邦、州および地方のレベルにわたって国の法律を管理し、施行する。そのような状態の間の連邦法、外国政府との競合を含むものとして - 米​​国憲法は、特定の場合を管轄するその連邦政府の際に特定の権限を授ける。それを超えると、各状態は、独自の統治エンティティを持っています。すべての当事者が証拠を評価し、評決に達する12の市民からなる陪審裁判を受ける権利を有する。米国のほとんどの訴訟は、裁判に到達する前に、法的なモーションや和解を経由して裁判に到達する前に解決されます。弁護士は、米国の法制度の本質的な部分であり、そのクライアントのために提唱する責任があります。彼らは、それらが実践している状態でライセンスされています。

アメリカ合衆国で勉強する

米国のほとんどの州で法律学位は、認定ロースクールから法学博士(JD)の学位を保持する申請者を必要とする。研究のこの3年間のコースは、任意の件名で学部課程の4年の完了を以下の通り。このシステムは、生徒がすぐに中等学校を完了した後にロースクールを入力し、他の多くの国とは大きく異なる。プロの学術分野と考え、JDは、大学院の学位に等しい。あまり一般的ではないが、一部の学校も専門化のための機会を提供しています法律(LLM)の一年間のマスターだけでなく、法人科学博士(SJD)の法律の権威ある学術博士号を提供します。人間は法律を練習することができます前に、ほとんどの学生は、それらが司法試験に合格し、文字の基準を示すために練習している状態で必要とされる。状態はバーを管理しているので、それはあなたが練習する予定の領域ではロースクールに出席するために役立ちます。後者の年になることができますが、米国の法律の高等教育は、アメリカ法曹協会(ABA)によると、米国では202 ABA認定のロースクール法学博士の最初の年の合計は、一般的に、基本法のトピックにそこに焦点を当てている学生の興味に合わせてカスタマイズ。多くの弁護士は非公式に特化している間、練習の種類の間には法的な区別はありません。米国のロースクールの訓練の一つ顕著な特徴は、学生が直接代わりに基本的な講義の質問に答えるために呼び出されるソクラテスの方法、の使用である。授業料は、米国のニュースや世界のレポートによるとわずかに上回る4万ドル、総額平均私立学校の授業料で、あなたが通う学校によって異なります。もう一度、料金は1機関から相互に異なる場合があります。 9月から月を経て高等教育のための標準的な米国の学術カレンダー以下のスケジュール。米国ではロースクールに入る一方で激しい競争、留学生は需要がますますあるさ。法律のジョブは、一般的に有利とやりがいの両方であると考えられている。さらに、研究は過去10年間弁護士の雇用はほとんどの他の職業を上回ったことを示しています。法律の卒業生の大多数は、代わりに、ビジネス、政府や他の産業でのキャリアを求めて、弁護士として動作しないことを選択した。

Visa Requirements

1) F visa - This type of visa is for international students who are intending to pursue an academic degree at an accredited US college or university or to study English at a university or intensive English language institute. There are three types of F visa:

  • F-1 visas for full-time students;
  • F-2 visas for dependents of F-1 visa holders (spouse and unmarried children under the age of 21, including same-sex married couples);
  • F-3 visas for ‘border commuters’ – Mexican and Canadian students who reside in their country of origin while attending part- or full-time school in the US.

2) M visa – This type of visa is for international students who want to engage in non-academic or vocational study or training at an institution in the US. There are three types of M visa:

  • M-1 visas for students engaging in vocational or non-academic studies;
  • M-2 visas for dependents of M-1 visa holders;
  • M-3 visas for ‘border commuters’ as in F-3 visas, but for vocational or non-academic studies.

3) J visa – This type of visa is for international exchange visitors participating in programs in the US that promote cultural exchange. All applicants must meet the eligibility criteria of the program in question and be sponsored by a private sector or government program. Holders of J visas usually stay in the US for a short period of time, perhaps one or two semesters. J-1 visa holders will need to return to their home country for at least two years at the end of their exchange visitor program. There are two types of J visa:

  • J-1 visas for exchange students on a relevant exchange program;
  • J-2 visas for dependents of J-1 visa holders.

どのタイプのビザが必要ですか?

ビザ名

F visa; M visa; J visa

価格と通貨

USD 200

You must pay the SEVIS fee (US $200), which supports the cost of the computer system used to record your stay in the US. Go to https://fmjfee.com/index.html to pay the fee and make sure you print a copy of your receipt and bring it to the visa interview. You must pay the SEVIS fee at least three days before the date of your visa interview.

You will also need to pay an additional US$160 for the visa application fee in your country at the U.S. Embassy or Consulate or at a bank that the Embassy designates.

誰がビザを申請できますか?

All international students coming to study in the US need to apply for an F Visa, J Visa or M Visa.

どこで申請できますか?

Online

Each U.S. Embassy has a website providing instructions on how to make an appointment for a visa interview and other information on the visa application process.

Webサイト:http://www.usembassy.gov/

アプリケーションの作り方は?

  1. First, your school or university will send you a form confirming that you have been accepted at an institution authorized by the U.S. Citizenship and Naturalization Service (USCIS) to enroll non-immigrant students
  2. Second, you will need to make an appointment for a visa interview and to pay some required fees.
  3. Third, the United States is using a new non-immigrant visa application form, DS-160 that should be completed online. This form replaces all of the other forms.
  4. Fourth, prepare for your visa interview. It is crucial that you apply for your visa well in advance, as this will give you extra time if there are delays at the embassy, or if you wish to appeal a decision in the event of a denial. What you wear is important, and business attire is appropriate.

The documents needed for your visa interview may include:

  • Passport valid for at least six months beyond your period of stay in the US. You may also need to bring all your current and old passports.
  • Signed SEVIS Form I-20 or DS-2019 (including individual forms for spouse/children)
  • Form DS-7002 (for J-1 Trainee and Intern visa applicants only)
  • SEVIS fee receipt
  • DS-160 application confirmation page with barcode and application ID number
  • MRV fee payment confirmation receipt
  • Printed copy of visa interview appointment letter
  • 1-2 photographs in the format explained in the photograph requirements.

You should also be prepared to provide the following documents:

  • Transcripts and diplomas from previous institutions attended
  • Scores from standardized tests required by the educational institution such as the TOEFL, LSAT, GRE, GMAT, etc.
  • Financial evidence showing you or your sponsor (i.e. parents or a government sponsor) has sufficient funds to cover your tuition, travel, and living expenses during your stay in the US.

You can also bring along a separate written list of all your previous employers and schools you have attended for reference.

いつ申請する必要がありますか?

Applying for a US student visa can be a long process, so make sure you start preparing well in advance – at least three to five months before your course is due to start. Student Visas can be issued up to 120 days before the date on your form I-20. Exchange Visitor Visas can be issued anytime before the date on the DS-2019.

処理時間

3 Months

仕事の機会

The F1 and J1 visas allow for the possibility of employment in the US during your stay, while the M1 Visa does not. Students with F-1 visas can work on-campus for 20 hours a week or less. Students wishing to work longer hours and off-campus must gain prior authorization from the US Citizenship and Immigration Services (USCIS). J-2 visa holders may request work authorization from USCIS. F-2 and M-visa holders are not allowed to work and must secure an appropriate work visa if seeking employment.

週数時間

0

なぜこのタイプのビザが必要なのですか?

The most common reason for a student or exchange visitor application to be denied is that the person applying for the visa has not proven to the Visa Officer that they will return to their country when they complete their studies in the U.S.A. If you are denied a visa there may be something you can do to reverse the denial, and you may appeal the decision. In most cases, you will need to provide additional documentation that was not presented with the initial application.