Keystone logo

11 LLM プログラム の 法学 ビジネス法学研究 雇用法 2024

フィルタ

フィルタ

  • LLM
  • 法学
  • ビジネス法学研究
  • 雇用法
研究分野
  • 法学 (11)
  • メインカテゴリに戻る
場所
他の場所を探す
学位の種類
間隔
勉強のペース
言語
言語
学習フォーマット

Popular degree type

Popular study format

Popular education type

LLM プログラム の 法学 ビジネス法学研究 雇用法

雇用法でLLMを保持する人は、労使関係を制御する法律や規制の専門家である。この学位を取得することは雇用法の専門知識のために一貫して高い需要があるように、彼らのキャリアの機会を開くしようとする弁護士のための素晴らしいオプションです。

&nbsp

大学院の法律上の学位を追求するためにご希望の方は、多くの場合、雇用法でLLM何であるか、尋ねる?基本的に、これは雇用に関わる法令の深い知識を学生に提供して大学院の学位プログラムです。これらには、差別、組合、セクハラや労働条件の安全性に関する法律の研究を含めることができます。

&nbsp

雇用法でLLMを完了する多くの利点があります。これらの中でも、雇用法弁護士は、常に非常にさえ困難な経済状況では、評価されているという事実である。雇用の弁護士の専門知識が必要であるため、両事業が増加または減少に苦しんでいるときです。

&nbsp

雇用法でLLMのコストは機関、国や学生がコースの要件を完了するのにかかる時間を含む変数の数に依存する。このため、将来の学生が入学を理想的な学校を研究する際徹底的に授業料とその他の関連費用を投稿することが有益かもしれません。

&nbsp

雇用法でLLMを取得した後に開く多くのキャリアの機会があります。この学位を保持する人は、自分自身で、または法律事務所を接合することによりいずれか、伝統的な民間の実践に行くことができます。また、位置は、企業の社内弁護士として、あるいは雇用の法律を施行する政府機関で利用できる場合があります。

&nbsp

オンラインアプリケーションは、それが簡単にあなたの法的キャリアの次のレベルにあなたの旅を開始するために作る。単純にプログラムリストを見て、あなたの最高のオプションを確認し、オンライン出願をするために彼らの要件を確認してください。あなたの下のプログラムと接触リード形で充填することにより、お好みの学校の直接入学事務所を検索します。