Keystone logo

University of Poitiers

A logo

序章

ザ· IC2MP (ポワティエの化学研究所:材料および天然資源)が2012年に設立された学際的な研究機関である:材料の研究に特化(監督ザビーネプティ)、(粘土、触媒、...)、自然環境(水、土、...) 、および反応(天然または引き起こされます)。 研究所は、特に合成、除染や天然資源の開発に焦点を当てています。 CNRSとポワティエ大学(UMR CNRS 7285):研究所は、両機関によって異なります。

この研究所は、約40年からCNRSの出会い系による認識と化学と地球科学の4研究室の全部または一部のマージの結果です。 これらの4研究室は以下の通りであった。有機化学における触媒作用の研究室(ラッコ、UMR 6503)水の実験室合成と反応性天然物質(SRSN、UMR 6514)の、化学の研究室と微生物(LCME、UMR 6008 - チーム水化学、水処理)地質、粘土、土壌や変化の研究室(hydrasa、UMR 6269)。

ポワティエVivezからコラリーLALI上のVimeoの.

図中のIC2MP: (大学と24 CNRSから26)の研究を支援するための100の研究者(ポワチエと25 CNRSの大学から75教員)、50正社員、86博士課程の学生と14ポスドクや派遣社員:研究所は、250人のスタッフがいます。 これは、SFA学部とENSIPの構内に、ポワティエ大学からキャンパスの科学に一緒に13055平方メートルをカバーしています。 これは、(SEH)水理実験サイトがラベルされた、水をENSIPするための分析と実験手段例外的なプラットフォームを提供し、禁じサイト上のプロット。大型装置を駐車:電子加速器、SEM、microtomograph X線、NMR、XPS、低質量分析計と高解像度のもの(GC / MS、LC / MS、GC / MS-MS、LC / MS-MS、MALDI-TOF )... IC2MPは、工業用織物(ADEME、ANDRA、AREVA、CNES、フランスアグリマー、HONDA、IFP、IRSN、ラファージュ、ピエール・ファーブル、OSEO、ローディア、サノフィ、SAUR、スエズ、合計、ヴェオリア、...)と多くのパートナーシップを開発しています。 民間契約の年間平均額は百万ユーロや研究所の連結予算の約15%です。 IC2MPは特にで、自然環境での転送や反応性の研究を通じて、天然および合成分子の材料の開発、合成とキャラクタリゼーションを含め、汚染のプロ​​セスをクリーンプロセスの研究から科学的、技術的なノウハウの連続をカバー水や土壌。 持続可能な環境でアプリケーションの懸念の分野エネルギー、素材や天然資源。

場所

  • Bât B27 - TSA 51106 4, rue Michel Brunet 86073 POITIERS CEDEX 9, , Poitiers

  • Porto Alegre

  • Heraklion

  • Aveiro

質問