Keystone logo

4 ディプロマ プログラム の 法学 刑法研究 2024

フィルタ

フィルタ

  • ディプロマ
  • 法学
  • 刑法研究
研究分野
  • 法学 (4)
  • メインカテゴリに戻る
場所
他の場所を探す
学位の種類
間隔
勉強のペース
言語
言語
学習フォーマット

ディプロマ プログラム の 法学 刑法研究

ディプロマ教育プログラムは、職業教育と職業経験をつなぐ貴重な方法です。ディプロマは、1年から2年のコースで高度に集中した学習プログラムを提供し、専門家が必要なキャリアスキルにアクセスする別の方法を提供します。

次に、刑法研究の卒業証書は何ですか?この卒業証書プログラムは、主に法執行機関の職員としてのキャリアまたはさらなる進歩を求めている者を中心にしています。刑事研究卒業証書は、警察の保護から裁判所の運営まで、刑事司法制度の構造、教義および機能に関する包括的な教育を提供します。特に、プログラムは通常、犯罪容疑者を調査し、追求し、法的に逮捕している間に公衆の安全を支えるために必要な法律の分野に焦点を当てています。

法執行人員と刑事研究卒業プログラムの学生は、彼らの専門的な成長を支える重要なスキルを習得することが期待できます。これらのスキルには、非暴力的な紛争の脱スケールと解決が含まれますが、証人のインタビューや人質交渉などの能力にも及ぶ可能性があります。

さまざまな長さのプログラムを履修し、異なるコース単位を必要とする場合、刑法学の学位は、異なる学校の異なるプライスティアで利用できる可能性があります。様々な機関が価格設定の仕組みと要件に関する情報を提供します。

法執行機関は広範な職業をカバーしているため、刑事裁判で卒業証書を修得した者は、いくつかのキャリアパスから選択することができます。卒業生は、地方または州レベルの警察官の役人としての地位を追求することも、国家治安部隊の一員として連邦政府機関に入国することもできます。彼らは、警備員としての役割や、ボディーガードや敷地内のセキュリティサービスを提供している商業雇用機関との私的保護の仕事を選択することさえできます。

学生は、学校やプログラムを選択する際に、オプションを意識する必要があります。多くの学校が遠隔教育とオンライン学習を提供していますが、他の学校はより伝統的な教室ベースのアプローチを使用しています。その他の情報については、下記のプログラムを検索し、あなたが選んだ学校の入学管理局に直接問い合わせてください。