Keystone logo

勉強 法 の 日本国 2023

通貨を変更する

基本的な月額生活費

  • 共有アパートで借りる

    450
  • ユーティリティのシェア

    52
  • インターネットサブスクリプション

    34
  • 地元の交通機関

    66

サンプルのライフスタイルコスト

  • ファーストフードコンボ

    5
  • シネマチケット

    13
  • 地ビールのパイント

    3

日本国について

日本は北朝鮮と韓国、中国、日本の海の東に横たわっているアジアの島国である。技術的には "群島の"(島の大規模なクラスタ)は、日本の国民は、最大4島は北海道、四国、本州(東京に家で、日本 'sの最大の都市)と九州であることと、ほぼ7000の島々から構成されている。日本はworld--で最も高い平均余命の1がある- 。東京は現在、世界 'ハイテク製品輸出の生産に基づいて、最大の都市圏は35万人の故郷と繁栄経済日本に関する概要です男性と女性のための83のための80。 - 仏教、神道とキリスト教の様々な形は、日本 'sの主要な宗教である。 - 日本は雄大な富士山で有名な山岳、森林に覆われた国である富士山、ほぼ12500フィート(3800メートル)が、しばしば深い雪でキャップを上昇セミ活火山。 - 日本 'sの通貨は円です。 1円100銭に等しい。円硬貨は1、5、10、50、100と500の宗派でご利用いただけます。 - 日本では法律の勉強を計画して学生は、ほとんどのATM機が週末に閉じられていることに注意する必要があります。また、郵便局といくつかの便利な店で見つけるだけのATMマシンは、外国のATMカードを取る。ひらがな、漢字とカタカナ: - 日本が一つに統合されている3つの別々の書記体系を持っています。子供たちはその後、最初にひらがなとカタカナシステムを学ぶ中·高等学校を通じて漢字を教えられています。 -日本衆議院の家のリーダーは天皇と日本の "信頼"で任命される首相は、ある「 日本 'sの法制度 、日本は1945年に記述する31の記事を含む憲法を採択した。人権と、司法、立法と行政権の分割を提供する。日本政府は2議会で構成されて-裁判所のシステムは1最高裁判所によってサポートされている間、 "Shuugiイン "(下食)と " サンギイン "(上食)、8より高い裁判所や50家族や地区裁判所。民事訴訟と小さな犯罪が特定の県の管轄権を有するほぼ500簡易裁判所のいずれかによって決定される。日本の急速な発展に伴い「過去30年間の経済、国民 '主に民法に基づいているの契約法は、再審査及び改定の対象となっている。実際には、日本が原因国際ビジネス取引に景気拡大と重点に契約し、民法に特化した弁護士の不足を経験している。日本の刑法には、個人、国家に対する犯罪と社会に対する犯罪に対する罪の下に分類されます。市民と彼らの自由に対する罪は殺人、傷害、強姦、誘拐や暴行が含まれています。プロパティの犯罪は強盗、横領、窃盗、恐喝と詐欺を伴う。放火と下品な公的行動は、社会に対する犯罪と見なされます。日本では、20歳未満の誰もが、まだ法的に成人を対象と法律とは異なる法律に少年との対象と考えられている。家庭裁判所は少年事件とを開始を決定

日本国で勉強する

2004年には日本で法律学位を取得 、日本だけで、包括的かつ困難な年次検査よりも多くの正式な学校教育に基づいて新しいロースクール制度を導入しました。数年前までは、日本の司法試験はちょうど三パーセントの合格率を持っていた。ほとんどの学生は数回成功し、必要な等級を達成する前に試験を受けなければならなかった。実際には、司法試験は、 "塾」の多くはいわゆるほど悪名厳格だった司法試験を取ることを計画した将来の弁護士を支援に特化した日本に浮上した。日本政府はまた、法学博士の学位を提供大学院レベルのロースクールの開発を可能にする、2004年に法律を可決した。今、日本の法律の学位を獲得することは5と7年かかります。 2006年以来、日本の司法試験は、学生が受験する前にロースクールの学位を持っている必要があります。また、旧司法試験の見直し以来、通過率は50%近くに上昇している。しかし、学生は5年間で受験の3倍以上を取ることができない。 授業料学期の授業料を日本で法律の学位を獲得するために、米国や欧州に比べて高くなっている。日本の大学で充電の平均料金は60万円(4500ユーロ、6000ドルUSD)です。日本の法律の学位を獲得することを選択留学生は、単に学費(入学、 "機器の"と施設料)で$ 60,000 USD(45000ユーロ)を支払うことを期待するべきである。また、生活費は、特に東京や他の主要都市で、他の西欧諸国に比べ、日本でも高くなっている。奨学金は、大学から入手可能であるが、競争は堅いであり、唯一の優秀な学生が授業料のヘルプを受けることができます。

Visa Requirements

Which visa you need depends on how long you are going to study in Japan:

  1. Short-term courses up to 90 days: many nationalities can visit Japan for up to 90 days on a visa waiver. When you arrive in Japan you will get a sticker in your passport, which shows that you can stay in Japan for 90 days. If you travel on a visa waiver you must have a return ticket within 90 days.
  2. Long-term courses longer than 90 days: For courses that are 20 weeks (two quarters) or longer you should apply for a student visa. The Japanese college student visa is also known as Ryugaku."

どのタイプのビザが必要ですか?

ビザ名

Student Visa

価格と通貨

JPY 3000

The visa application fee is about 3,000 yen for single entry, and 6,000 yen for a double-entry or multiple-entry.

Please note that the visa application fee is not fixed, and depends on the nationality of the student and course being pursued. The best way is to contact the Consular Section of the Embassy or Consulate General of Japan that is closest to you.

誰がビザを申請できますか?

All foreign students coming to study full time in Japan for more than 3 months must have a visa.

どこで申請できますか?

Japanese Embassy

The first part of the application process is done through your university. You will get your visa from the Japanese Embassy in your home country.

Webサイト:

アプリケーションの作り方は?

Applying for a student visa to Japan is a multiple-step process.

1. First, you fill in different visa application documents and submit them to your school. Once you apply to a school they will send you the following documents that you need to fill in and submit to the school:

  • An application form where you fill in data about yourself and the course.
  • A personal history form where you fill in your educational and occupational history.
  • Application essay - motivate why you want to study in Japan.
  • Diploma and transcript from the last school you have graduated from, translated into English or Japanese.
  • Certificate of previous Japanese studies if applicable.
  • A copy of your passport
  • Passport photos
  • Medical history - some schools ask for your medical history or tuberculosis check-up but many schools don’t.
  • You also need to prove that you can pay for your course and support yourself in Japan.

2. The school checks that your application is complete before they rewrite it and submit it to the immigration authorities in Japan. About one month before your course starts they will issue a Certificate of Enrollment (CoE). The school will send you the CoE as soon as it has been issued and you have paid for your first semesters.

3. The final step to get a student visa to Japan is to make the visa application at the Japanese Embassy in your home country. To do this you need to submit:

  • Your CoE
  • Your passport
  • A passport photo
  • A visa application form filled in digitally or by hand using block letters.

いつ申請する必要がありますか?

University deadline for visa applications is often about five months before the course starts, so make sure to apply earlier. High-ranking language schools and universities sometimes can take later applications too.

It takes a minimum of 5 working days to process the visa including the date of submission. You should also not apply before 90 days from intended date of travel.

処理時間

5 Days

仕事の機会

The Japanese student visa allows part-time work for up to 28 hours per week.

Anyone with a student visa staying longer than 6 months and wishing to work must submit an application for “Permission to Engage in Activity Other Than That Permitted by the Status of Residence Previously Granted.” This can be done immediately upon arrival at the airport or later on at a local immigration bureau. There is no fee, so make sure to do so if you plan on working.

週数時間

28

なぜこのタイプのビザが必要なのですか?

If you submit a complete application you will almost always get your visa from the Japanese Embassy. However, they can deny you if the information is incomplete or if you, for example, have some serious criminal record.

Here are some things to keep in mind to avoid a denial of a Japanese student visa:

  • Perhaps the biggest risk of rejection is due to insufficient sponsorship requirements.
  • Only one school can apply on your behalf for a student visa! If you try to hedge your bets by applying through multiple schools, you will probably get rejected.
  • Please remember not to staple your documents.
  • An incomplete file will be refused, remember to thoroughly check your application.