Keystone logo
日本国

勉強 法 の 日本国 2024

日本国で勉強する

2004年には日本で法律学位を取得 、日本だけで、包括的かつ困難な年次検査よりも多くの正式な学校教育に基づいて新しいロースクール制度を導入しました。数年前までは、日本の司法試験はちょうど三パーセントの合格率を持っていた。ほとんどの学生は数回成功し、必要な等級を達成する前に試験を受けなければならなかった。実際には、司法試験は、 "塾」の多くはいわゆるほど悪名厳格だった司法試験を取ることを計画した将来の弁護士を支援に特化した日本に浮上した。日本政府はまた、法学博士の学位を提供大学院レベルのロースクールの開発を可能にする、2004年に法律を可決した。今、日本の法律の学位を獲得することは5と7年かかります。 2006年以来、日本の司法試験は、学生が受験する前にロースクールの学位を持っている必要があります。また、旧司法試験の見直し以来、通過率は50%近くに上昇している。しかし、学生は5年間で受験の3倍以上を取ることができない。 授業料学期の授業料を日本で法律の学位を獲得するために、米国や欧州に比べて高くなっている。日本の大学で充電の平均料金は60万円(4500ユーロ、6000ドルUSD)です。日本の法律の学位を獲得することを選択留学生は、単に学費(入学、 "機器の"と施設料)で$ 60,000 USD(45000ユーロ)を支払うことを期待するべきである。また、生活費は、特に東京や他の主要都市で、他の西欧諸国に比べ、日本でも高くなっている。奨学金は、大学から入手可能であるが、競争は堅いであり、唯一の優秀な学生が授業料のヘルプを受けることができます。

通貨を変更する

基本的な月額生活費

  • 共有アパートで借りる

    344
  • ユーティリティのシェア

    45
  • インターネットサブスクリプション

    30
  • 地元の交通機関

    33

サンプルのライフスタイルコスト

  • ファーストフードコンボ

    5
  • シネマチケット

    11
  • 地ビールのパイント

    2

日本国について

日本は北朝鮮と韓国、中国、日本の海の東に横たわっているアジアの島国である。技術的には "群島の"(島の大規模なクラスタ)は、日本の国民は、最大4島は北海道、四国、本州(東京に家で、日本 'sの最大の都市)と九州であることと、ほぼ7000の島々から構成されている。日本はworld--で最も高い平均余命の1がある- 。東京は現在、世界 'ハイテク製品輸出の生産に基づいて、最大の都市圏は35万人の故郷と繁栄経済日本に関する概要です男性と女性のための83のための80。 - 仏教、神道とキリスト教の様々な形は、日本 'sの主要な宗教である。 - 日本は雄大な富士山で有名な山岳、森林に覆われた国である富士山、ほぼ12500フィート(3800メートル)が、しばしば深い雪でキャップを上昇セミ活火山。 - 日本 'sの通貨は円です。 1円100銭に等しい。円硬貨は1、5、10、50、100と500の宗派でご利用いただけます。 - 日本では法律の勉強を計画して学生は、ほとんどのATM機が週末に閉じられていることに注意する必要があります。また、郵便局といくつかの便利な店で見つけるだけのATMマシンは、外国のATMカードを取る。ひらがな、漢字とカタカナ: - 日本が一つに統合されている3つの別々の書記体系を持っています。子供たちはその後、最初にひらがなとカタカナシステムを学ぶ中·高等学校を通じて漢字を教えられています。 -日本衆議院の家のリーダーは天皇と日本の "信頼"で任命される首相は、ある「 日本 'sの法制度 、日本は1945年に記述する31の記事を含む憲法を採択した。人権と、司法、立法と行政権の分割を提供する。日本政府は2議会で構成されて-裁判所のシステムは1最高裁判所によってサポートされている間、 "Shuugiイン "(下食)と " サンギイン "(上食)、8より高い裁判所や50家族や地区裁判所。民事訴訟と小さな犯罪が特定の県の管轄権を有するほぼ500簡易裁判所のいずれかによって決定される。日本の急速な発展に伴い「過去30年間の経済、国民 '主に民法に基づいているの契約法は、再審査及び改定の対象となっている。実際には、日本が原因国際ビジネス取引に景気拡大と重点に契約し、民法に特化した弁護士の不足を経験している。日本の刑法には、個人、国家に対する犯罪と社会に対する犯罪に対する罪の下に分類されます。市民と彼らの自由に対する罪は殺人、傷害、強姦、誘拐や暴行が含まれています。プロパティの犯罪は強盗、横領、窃盗、恐喝と詐欺を伴う。放火と下品な公的行動は、社会に対する犯罪と見なされます。日本では、20歳未満の誰もが、まだ法的に成人を対象と法律とは異なる法律に少年との対象と考えられている。家庭裁判所は少年事件とを開始を決定

ビザの要件

必要なビザは、日本で勉強する期間によって異なります。

  1. 90日までの短期コース: 多くの国籍の人がビザ免除で最大90日間日本を訪れることができます。日本に到着すると、パスポートに90日間日本に滞在できることを示すステッカーが貼られます。ビザ免除で旅行する場合は、90日以内に帰りのチケットを持っている必要があります。
  2. 90日以上の長期コース: 20週間(4分の2)以上のコースの場合は、学生ビザを申請する必要があります。日本の大学生ビザは龍学としても知られています。」

どのタイプのビザが必要ですか?

ビザ名

学生ビザ

価格と通貨

JPY 3000

ビザ申請料は、1回入国で約3,000円、2回入国または複数回入国で6,000円です。

ビザ申請料は固定されておらず、学生の国籍やコースによって異なりますのでご注意ください。一番近い大使館・日本総領事館の領事部に連絡するのが最善の方法です。

誰がビザを申請できますか?

3ヶ月以上日本にフルタイムで留学する留学生は全員、ビザが必要です。

どこで申請できますか?

日本大使館

申請プロセスの最初の部分は、大学を通じて行われます。ビザは母国の日本大使館から取得します。

Webサイト:

アプリケーションの作り方は?

日本への学生ビザの申請は、複数のステップからなるプロセスです。

1.まず、さまざまなビザ申請書類に記入し、学校に提出します。学校に申し込むと、記入して学校に提出する必要のある次の書類が送られます。

  • あなた自身とコースに関するデータを入力する申請書。
  • 学歴と職歴を記入する個人歴フォーム。
  • アプリケーションエッセイ-日本で勉強したい理由を動機付けます。
  • 卒業した最終学校の卒業証書と成績証明書を英語または日本語に翻訳したもの。
  • 該当する場合、以前の日本の研究の証明書。
  • パスポートのコピー
  • パスポート写真
  • 病歴-一部の学校はあなたの病歴または結核検査を求めますが、多くの学校は求めません。
  • また、コースの費用を支払い、日本で自分をサポートできることを証明する必要があります。

2.学校は、申請書を書き直して日本の入国管理局に提出する前に、申請書が完了したことを確認します。コース開始の約1か月前に、登録証明書(CoE)が発行されます。CoEが発行され、最初の学期の料金を支払うとすぐに、学校からCoEが送信されます。

3.日本への留学ビザを取得するための最後のステップは、母国の日本大使館でビザ申請を行うことです。これを行うには、提出する必要があります。

  • あなたの CoE
  • パスポート
  • パスポート写真
  • デジタルまたはブロック文字を使用して手書きで記入されたビザ申請書。

いつ申請する必要がありますか?

大学のビザ申請期限はコース開始の約5か月前であることが多いので、早めに申請してください。上位の語学学校や大学も、後で申請できる場合があります。

提出日を含め、ビザの処理には最低5営業日かかります。また、旅行予定日から90日前に申請しないでください。

処理時間

5 Days

仕事の機会

日本の学生ビザは、週に最大28時間のアルバイトを許可します。

6ヶ月以上の留学ビザをお持ちで就労を希望する方は、「在留資格外活動許可」の申請が必要です。これは、空港に到着したらすぐに、または後で地元の入国管理局で行うことができます。手数料はかかりませんので、働く予定の方は必ずそうしましょう。

週数時間

28

なぜこのタイプのビザが必要なのですか?

申請書を提出すると、ほとんどの場合、日本大使館からビザが取得されます。ただし、情報が不完全な場合、またはたとえば重大な犯罪歴がある場合は、拒否することができます。

日本の学生ビザの拒否を避けるために留意すべき点がいくつかあります。

  • おそらく、拒否の最大のリスクは、スポンサーシップ要件が不十分なためです。
  • あなたに代わって学生ビザを申請できるのは1つの学校だけです!複数の学校を通じて申請して賭けをヘッジしようとすると、おそらく拒否されます。
  • 書類をホチキス止めしないように注意してください。
  • 不完全なファイルは拒否されますので、アプリケーションを徹底的にチェックすることを忘れないでください。