Keystone logo
アイルランド島

勉強 法 の アイルランド島 2023

アイルランド島で勉強する

アイルランドの法律の学位とは?アイルランドで利用可能な様々な法律の学位プログラムがあります。学部として、学生がビジネスにおいて、政治学、だけでなく、様々な国際的な法的研究で法律の学士(LLB)を得ることができます。大学院プログラムは、法律(LLM)のマスターだけでなく、 "Interrogationalと比較法"程度と "国際および欧州ビジネス法"学位を含む。法の博士号はLLMを完了した後も利用可能です。アイルランドの法律の研究で利用可能な専門分野の偉大な量があります。 アイルランドの法律の高等教育は、法律の研究を提供するアイルランド全体で数多くのロースクールや大学があります。学生は、入学許可を得る唯一の上位7%の平均で、これらの学校に受け入れを取得するために競争しなければならない。それにもかかわらず、許可、学校の受け入れ、国へのビザを取得することができ、留学生は、これらの法律学校で歓迎されています。入学要件は、留学生のためのより少ない困難になる傾向がある。学生は、ライセンスの試験に座って彼らの教育を取得する5と6年の間で過ごす可能性がある。学士号を持つ学生はまた、通常、教育の3年以上を必要とするロースクール、で彼らの教育を完了することができるかもしれません。卒業後、学生はアイルランド全体で仕事を見つけることができます。学生は事前のプロライセンスを取得する法律事務所で働く必要があります。アイルランドの資格のある専門家のための需要がこれまで以上に専門の弁護士に新たな焦点で、高いに中程度である。留学生は長く、持続的なキャリアのためにやりがいの一つであることが、この国 'sの法制度を見つけることができます。

通貨を変更する

基本的な月額生活費

  • 共有アパートで借りる

    864
  • ユーティリティのシェア

    63
  • インターネットサブスクリプション

    52
  • 地元の交通機関

    100

サンプルのライフスタイルコスト

  • ファーストフードコンボ

    9
  • シネマチケット

    12
  • 地ビールのパイント

    6

アイルランド島について

そこにヨーロッパのS部分、大陸の北西部分の上に座って 'かなりアイルランド、その国のようなS何もない」。この島国は、アイルランド共和国に住んでいる以上640万人、約460万それらのに家である。オープングリーン平野に低い山から、アイルランドは美しい国です。また、ヨーロッパでは重要で強力な経済力である。エリアは豊かな文化、活気に満ちた、現代のライフスタイル、そして伝統の多くを持っています。アイルランドで法律を勉強し検討している学生のために、現代的な、完全に教育を受けた学生を必要とし、要求の厳しい法的分野を含め、そうすることに多くの利点があります。アイルランド 'sの法的学校で利用できる開口部がある場合、留学生は多くの場合、歓迎されている。 どのようなアイルランドの法律システムです?アイルランドの法制度は、憲法、一般的な、および制定法に基づいています。国の法律は、アイルランド憲法に保持されている。国 'sの普通法システムは英国のシステムで検出された議会のスタイルに基づいています。法律システムは、はるかに伝統的な文化的な影響に基づいている国の法律をさらに分解します。国 'sの憲法は、しかし、アイルランドの法制度のすべての礎を提供し、この分野での法的研究では、この特定の領域に焦点を当てています。

ビザの要件

  • C留学ビザ -アイルランドで3か月未満勉強したい場合
  • D留学ビザ - コースが3ヶ月以上続く場合

どのタイプのビザが必要ですか?

ビザ名

学生ビザ(C留学ビザ;D留学ビザ)

価格と通貨

アイルランドの学生ビザの料金は、出身国によって異なります。標準的なビザ申請手数料は、シングルエントリービザの場合は60ユーロ(US $ 80)、複数回入国ビザの場合は100ユーロ(US $ 135)です。

誰がビザを申請できますか?

EUまたはEEA(アイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタインを含む)の市民である場合、アイルランドで勉強するためにアイルランドの学生ビザは必要ありません。アイルランドの学生ビザや入国ビザを必要としない国は他にもたくさんあり、これらはここにリストされています: http://www.citizensinformation.ie/en/moving_country/moving_to_ireland/coming_to_live_in_ireland/visa_requirements_for_entering_ireland.html

アイルランドに留学する非EEA諸国の市民は、学位プログラム(高等教育用)またはアイルランドの言語および非学位プログラムのフルタイムコースに登録する必要があります。

アイルランドの学生ビザが必要かどうかに関係なく、EEA以外の国の学生である場合は、アイルランドへの入国時に入国許可を得るために入国管理官に報告する必要があります。あなたはあなたが住むつもりの地区内でこれをしなければなりません。

ご注意:アイルランドはシェンゲン協定の加盟国ではありません。したがって、シェンゲン協定加盟国のビザを持っている場合でも、アイルランドのビザを申請する必要があります。

どこで申請できますか?

AVATSオンライン機能

AVATSオンライン機能を使用してオンラインでビザ申請を行う必要があります。オンラインビザ申請機能は世界中で利用可能であり、すべての申請者が使用する必要があります。

Webサイト:https://www.visas.inis.gov.ie/avats/OnlineHome.aspx

アプリケーションの作り方は?

オンラインでビザを申請する必要があります。オンライン申請プロセスが完了したら、オンラインシステムによって作成された要約申請フォームの指示に従う必要があります。概要フォームには、補足文書の提出先に関する情報が含まれます。要約フォームは、印刷、署名、日付を記入する必要があり、補足文書とともに提出する必要があります。

ビザ申請書には以下を提出する必要があります(元の書類が必要であり、英語または公証された翻訳を添付する必要があります)。

  • あなたが学習コースに受け入れられたことを確認するアイルランドで認められた学校/大学/大学からの入学許可書。この学習コースはフルタイム(学年度続く)で、週に最低15時間の学習時間が必要です。
  • 選択したコースを英語で追求する学力の証拠(英語コースでない限り)。
  • コースの料金が全額支払われたことの証拠。
  • 滞在の最初の部分のために自分自身を維持するのに十分な資金(€7,000)があることの証拠。
  • あなたまたはスポンサーが、それらの各年のコース料金に加えて、あなたの研究のその後の各年に少なくとも€7,000にアクセスできるという証拠。
  • 民間医療保険に加入している証拠。
  • あなたの学歴のギャップの説明。
  • アイルランドを離れるときに永住国に戻る予定であることの確認。

いつ申請する必要がありますか?

アイルランドへの旅行日の3か月前まで留学ビザを申請できます。アイルランドに旅行する少なくとも数ヶ月前に学生ビザ申請を行う必要があります。

アイルランドに3か月以上留学する予定のEEA以外の国からの学生は、到着後、住んでいる地区の地元の入国管理官に登録する必要があります。彼らのパスポートは、彼らが滞在する許可を得ている条件と期間で承認されます。ビザを必要としない学生は、最初に登録するときに€3,000を持っている必要があります。

アイルランドの学生ビザは、国への複数の入国を自動的に許可しないことに注意してください。留学中に出国して帰国する必要があると思われる場合は、再入国ビザを申請する必要があります。

処理時間

3 Months

仕事の機会

適格プログラムの暫定リスト(ILEP)のコースに参加している場合は、地元の入国管理官に登録するときにパスポートにスタンプ番号2が承認されます。学期中は週20時間、大学の休暇期間中は週40時間まで、つまり6月から9月までと12月15日から1月15日までの臨時雇用が許可されます。

このようなコースに参加していない場合は、パートタイムの仕事に就いたり、ビジネスや職業に従事したりする権利はありません。その後、パスポートにスタンプ番号2Aが届きます。

週数時間

20

なぜこのタイプのビザが必要なのですか?

アイルランドへの学生ビザが拒否される理由のいくつかは次のとおりです。

  • アイルランドでの訪問/研究全体をカバーするのに十分な資金がない場合。
  • 提案された研究に論理的な経路がない場合。
  • 不整合、誤解を招く情報、または不正な文書がある場合。