Read the Official Description

私たちのプログラム

MIPLCは、4つのパートナー、国際教員、世界中の学生のおかげで、真に国際的かつ学際的な経験を提供します。

1年にわずか38人の学生(最大)で、私たちのプログラムは他の人よりもはるかに小さいです。これにより、学生、教授、スタッフの間での集中的なやりとりやパーソナライズされたサポートが保証されます。私たちのコースは、特に私たちのプログラムと学生のために設計されています。

私たちのプログラムは:

  • 専門化され、完全に認定され、集中的な
  • 法学部の卒業生や他のバックグラウンドを持つ学生に適しています
  • 完全に英語で教えた
  • 民法および慣習法の伝統および複数の国をカバーする複数管轄権
  • さまざまな種類のモジュールを選択できます
  • 法的および関連する経済的見地からの知的財産のすべての側面について話し合う、学際的な
  • シミュレーション、ケーススタディ、およびインターンシップで扱われるIPの実用的な側面とともに適用可能
  • ヨーロッパ特許庁およびその他の知的財産機関への研究訪問を補完し、ワシントンDCへの任意のスタディ訪問、および1年を通してのゲスト講演と講演
  • EIPINネットワークのメンバー
  • ヨーロッパのIP Capital Munichにあります。

私たちの教員

MIPLCは、教育機関の中心的な柱の1つである著名な教員陣を特に誇りにしています。

約60名の活発な教員が、高い評価を受けている研究者や実務経験者であり、豊富な経験を持っています。彼らは様々な専門的な環境の中で自宅にいます。大多数は、オックスフォード大学、ロンドンスクールオブエコノミクス、カリフォルニア大学、コロンビア大学など、4つのMIPLCパートナーまたは他の有名な大学のいずれかと一緒に働く常勤の教授および研究者です。その他は、Birdを含む有名かつ国際的に活躍する法律事務所の弁護士として働いています

MIPLC運営委員会のメンバーは、1学年につき少なくとも1つのコースも教えています。継続的なカリキュラムレビューの一環として、世界中の新しい教員を定期的に募集し、プログラムの多様性をさらに高めています。

私たちのカリキュラム

私たちのカリキュラムは非常に包括的で、幅広い分野、主題事項、および管轄区域を網羅しています。

できるだけ広く、深く興味のある分野を研究できるよう、幅広いコースを選択します。各コースには、総合的な読解教材が用意されています。

コースとモジュール

MIPLC提供されるコースは、4つのタイプのモジュールに分割されています。

  • 入門モジュール:これは予備的な、クレジットのないモジュールです。参加は任意ですが、特に馴染みのない話題のクラスでは、すべての生徒に強くお勧めします。
  • 基本モジュール:すべての生徒に必須の4つの基本モジュールがあり、モジュールごとに1つの試験で完成します。これらのモジュールは、IP特許、著作権、商標、デザインのコア領域をカバーしていますが、ヨーロッパ法や管轄権法の争いなど、基本的なクロスカッティングのトピックもカバーしています。
  • 選択科目:12の特別な選択科目は、学生が特に興味を持っている科目に焦点を当てることを可能にします。学生の多様な興味のために、選択科目の授業のサイズは通常小さいです。
    選択モジュールの大半はコースごとに行われますが、3つのモジュールはモジュールごとに1つの試験で終了します。これにより、モジュールを選択する際に、学生が希望する学習スタイルと試験スタイルを考慮に入れることができます。
  • 修士論文科目:修士論文を完成することは、論文がLL.Mの中心的な要素であるため、すべての学生にとって必須です。プログラム。その準備は、深く深く精巧なレベルで特定のトピックを探索する絶好の機会です。学生は、プログラムの早い段階で修士論文を作成し始めます。彼らは自分の興味やキャリア目標に応じて自由に話題を選ぶことができます。各学生には、研究の過程で出てくる問題について議論することができる論文監督者が割り当てられています。最終学位論文は、夏期の終了後約6週間で約55〜75ページになるはずです。
    修士論文のトピックを選択する際には、欧州連合(EUIPO)の知的財産局(European Union Intellectual Property Office)が設立した欧州大学ネットワークへのMIPLCの参加により恩恵を受ける可能性があります。このネットワークの文脈では、参加大学の学生は、指名されたEUIPOの「リサーチ・アドバイザー」によって指摘されたトピックについて、修士論文を書くことができます。アドバイザーは、学生に追加の指導と支援を提供する経験豊富なEUIPOスタッフです。 7月にアリカンテのEUIPOの施設で研究セッションが行われます。参加する学生は、このセッションに参加することが必須となります。参加者は、10分間の口頭発表を行います。

学位要件

MIPLCを卒業するには、学生は60クレジットポイント(CP)を取得する必要があります。

  • 24基本モジュールからのCP
  • 選択モジュールからのCP
  • 18修士論文のモジュールからのCP。

私たちの学生

教育機関は学生なしでは生きられません。 MIPLCでは、優れた学生体制を誇りに思っており、多様で驚異的な人格を持つ学習経験をさらに高めています。

私たちのプログラムは本当に国際的で学際的なものであり、学生もそうです。彼らは、法律、経済、工学、自然科学、およびその他の分野の背景を持っています。彼らは、IPセクター、特に弁護士、特許代理人、裁判官、ビジネスエキスパート、科学者、エンジニア、大学教員などの野心的なキャリアのために、世界中からMIPLC来ています。私たちは毎年、日本最高裁判所が主催する学生の訓練を特に誇りに思っています。

私たちの学生の多くは、初学者の研究を終え、最初の専門的な経験を積んだ後すぐにMIPLC参加します。しかし、私たちは、今後さらに研究を進めることを決定した広範な実践的なIP経験を持つ専門家を引き続き募集しています。私たちは21歳から50歳までの生徒を教室に迎え入れることができました。学生の各クラスの平均年齢は約30歳です。

MIPLCで知的財産法を研究する理由

LL.M.に興味をお持ちいただきありがとうございます。プログラム "知的財産と競争法"このページでは、a)なぜ知的財産と競争法が適切であると感じるのか、b) MIPLC特別なものにするのか、を2つ説明したい。

なぜ知的財産と競争法を研究するのですか?

科学、技術、ビジネス、芸術の分野で知的財産権が重要な役割を果たすにつれ、知的財産権の問題に対する専門知識の必要性が高まっています。あなたの職業や教育訓練が何であっても、あなたの仕事の中で、あなたは多面的かつ魅力的な知的財産の性質を実際に体験しています。

知的財産法と競争法の関連分野のさまざまな側面は​​、一見するとお互いに独立しているように見えるかもしれません。しかし、毎日の練習では、特に多国籍のクライアントを扱う際に、それらが高度に相互接続されていることがすぐに分かります。単なる例を挙げると、IPポートフォリオを戦略的に管理するためには、関連する市場の理解だけでなく、知的財産法のさまざまな分野をしっかりと把握している必要があります。

これまで、このような知識は法律事務所内の複数の部門や複数の専門家に分かれていましたが、現代のIP取引の複雑さは、プロジェクトやケースに関わる各人がIP関連の問題について豊富な知識を持っていることを求めています。このノウハウは、コミュニケーションの内部プロセス、ビジネスのイメージ、最終的には重要ではないが完成した「製品」を改善します。

MIPLC学ぶ理由

MIPLC 、以下があります。

  • 学界、弁護士、裁判官、企業IP実務家の国際学部
  • 国籍、年齢、背景に関する国際的で多様な学生体
  • 学生のために設計された小さなクラス
  • 個々のチュートリアルセッション
  • マックスプランク研究所のIPライブラリ(200,000以上のボリュームを含む)、およびMIPLCの独自のライブラリへのアクセス
  • マックスプランク研究所に所在する国際研究コミュニティへの直接リンク
  • LexisNexis、Westlaw、およびJurisなどの法的データベースへのアクセス
  • 共有のオフィススペースと高速インターネット接続を備えた学生用フロア
  • MIPLC管理チームのパーソナライズされたサポート
  • 金融支援

卒業後、あなたは次のようになります:

  • グローバルに適用可能なスキルセット
  • プロの連絡先や友達の国際ネットワーク
  • 国際的に認められた学位(LL.M.)
  • 優秀なキャリアの見通し
  • 博士課程へのアクセスプログラム、例えば直接MIPLC

さらに、世界で最も美しく驚くべき都市のひとつ、ミュンヘンで一年の生涯を過ごしたことでしょう。

Program taught in:
英語
Last updated November 17, 2018
このコースは、 Campus based
開始日
10月 2019
Duration
価格
32,710 EUR
Deadline
大学から情報を求める
Applications for admission are accepted from December 1 until April 30 for the academic year starting that fall. The same deadline of April 30 applies to applications for tuition waiver scholarships.
By locations
By date
開始日
10月 2019
Application deadline
大学から情報を求める
Applications for admission are accepted from December 1 until April 30 for the academic year starting that fall. The same deadline of April 30 applies to applications for tuition waiver scholarships.

10月 2019

Location
Application deadline
大学から情報を求める
Applications for admission are accepted from December 1 until April 30 for the academic year starting that fall. The same deadline of April 30 applies to applications for tuition waiver scholarships.
終了日