LL.M.インターナショナルで

一般

2 箇所のロケーションから選択可能

講座の説明

LL.M./Master 1 in international

プログラムの目的

  • 国際的な専門分野全般をカバーする修士号
  • 国際およびヨーロッパの法律専門家を編成する。
  • 国際機関やヨーロッパの機関へのアクセスを提供する競技やコンテストを受講する準備をします。
  • 弁護士試験を受ける準備をします。
  • 研究セミナーと方法論を用いた法律実務の執行

教育資産

  • 裁判シミュレーション:法的文学、法的執筆、訴訟
  • 国際MOOT COURTS(ELMC - 欧州ロームートコート)への参加。
  • ライティングスキルの向上
  • 私たちの常任教授と客員教授との英語の100%コース。

ジョブ

  • 国際の修士課程2を続ける
  • 国際修士号
  • LL.M.他のEU加盟国または提携大学で。
  • 交換プログラムに参加する可能性。

あなたのプロのプロジェクトのために

  • 海外(企業、機関、法律事務所またはサマー大学)またはフランスでの国際企業でのインターンシップの可能性。
  • 特に毎年恒例のIELS International Job Datingの間に、弁護士との面談
  • あなたのプロのプロジェクトとあなたの研究のための個人的な助け。
  • 仕事やインターンシップに興味深く重要なネットワークを提供する客員教授。 EUの機関を訪問してください。

パンフレットをダウンロードする

最後に2月 2019を更新しました。

学校について

Studying at the Faculty of Law (FLD) means joining the first private law school in France: a genuine center of excellence and innovation in the field of legal education. Created with the founding of t ... もっと読む

Studying at the Faculty of Law (FLD) means joining the first private law school in France: a genuine center of excellence and innovation in the field of legal education. Created with the founding of the Université Catholique de Lille in 1875, the FLD reopened its doors in 1993, and established itself also in Paris in 2009, in addition to the Lille Campus. The Faculty offers, to each of its more than 2300 students, the guarantee of optimal working conditions in the service of each student’s success. 閉じる