LL.Mヨーロッパ法

Université Paris II Panthéon-Assas

プログラムの説明

公式の説明を読む

LL.Mヨーロッパ法

Université Paris II Panthéon-Assas

欧州連合(EU)は、今日の世界で最も複雑で魅力的な社会経済的組織の一つであり、今日ではその法的制度の機能と性質を理解することが不可欠です。欧州連合(EU)は、国際的な主要プレーヤーとして、世界各国との貿易、協力、財務、人道的能力の関係を築いてきました。欧州連合(EU)はますます拡大しており、より洞察力のある専門家が必要とされています。パリII大学(UniversitéParis II)のヨーロッパ法のLLMは、完全に英語で教えられる独特で簡潔なプログラムです。法律の最も関連性の高い分野を深く勉強し、政治的、法的、財政的影響を洞察する可能性があります。真にヨーロッパの優れた教授チームがコースを教え、エキサイティングなチャレンジやチャンスに直面するために必要なスキルを身に付けることができます。

このプログラムは、世界のどこからでも法的背景を持つ学生に開放されています
エントリー要件
欧州法のLLMは以下の条件に対応しています。
  • アメリカ法学学校で2年以上の学業を成功させた学生(元の大学とパンテオン・アサス大学の間の交流を通じて)
  • ジュリス・ドクター(Juris Doctor)(Juris Doctor)
  • 少なくとも4学年または240のECTSを修了した後、フランスの大学が授与する法律またはその他の法律学位を取得した社会科学の学位を取得している学生

選択手順

選択の手順は、各候補者が提出した申請書の評価に基づいており、選考委員会がそれを選択した場合は、最終選考を決定するための候補者へのインタビューに基づいています。

言語

すべてのクラスは英語で行われます。
しかし、学生はフランス語クラスを受講する可能性があります。英語が母国語でない候補者の場合、欧州法のLLMへの入学に最低限必要なレベルは次のとおりです。
  • インターネットベースの場合、最低100ポイントのTOEFL
  • 最低得点が7.0 / 9のIELTS
  • 英語能力証明書(ケンブリッジESOL)

カレンダー

このプログラムは、1学期(9月から5月初旬)まで続き、クリスマスホリデーの周りには冬休み、3月または4月の春休みが含まれます。

プログラムの構造

ヨーロッパ法の修士課程は、それぞれ24時間のセミナー12回(計288時間の指導)
  1. 欧州連合の制度的かつ意思決定の構造
  2. ヨーロッパのアイデアの歴史
  3. 商品、資本、サービスの自由な移動
  4. コンペ
  5. 会社法および金融市場
  6. 民間国際法と商事紛争解決
  7. 労働法
  8. 知的財産
  9. 環境法
  10. 対外関係
  11. 消費者法
  12. 人権学生はLL.Mを交換することを許可されることがあります。パリのヨーロッパカレッジで利用可能な別のプログラムの中でフランス語で教えられる別のセミナーによるセミナー。しかし、これは研究責任者とそのセミナーを教える教授の同意がある場合にのみ行うことができます。

ロケーション

大学は権力と文化の席の中心にあるカルチェラタンに位置し、学生は歴史的でユニークな場所に位置することができます。パリはブリュッセルから1時間20分、ストラスブールからは2時間20分、ルクセンブルグ(欧州連合の主要機関の中心)からは2時間10分です。

OECDとユネスコの本部はパリにもあります。

この学校か以下のプログラムを提供しています:
  • 英語


最後にFebruary 25, 2018を更新
期間&料金
このコースは、 大学キャンパスにて
Start Date
開始日
9月 2019
Duration
期間
1 年
全日制課程