JD家族法

一般

講座の説明

家族法は、互いに親密で思いやりのある関係にある人々の権利と義務を規定しています。政治的、宗教的信念が大きく異なる人々を含む私たちの多様な社会は、結婚、家族、親子関係の定義が流動的であるにもかかわらず、一般の人々が道を切り開き、重要な関係を確立、維持、または切断しなければならない、絶えず変化する法的状況を提示します彼らの状況に応じて。家族法の実務は、人生で最も重要で困難な状況のいくつかを通してクライアントを助ける機会を弁護士に提供します。今日、家族法は離婚だけでなく、養子縁組、父性、結婚、親子関係、子供の虐待、家庭内暴力などのトピックを含んでいます。

家族法を実践する弁護士は、優れた人的スキルを身に付ける必要があり、家族関係を規定するさまざまな州法および連邦法を習得することに加えて、面接、クライアントカウンセリング、交渉、および裁判の準備に精通している必要があります。

マルケットロースクールには、家族法のすべての分野で練習するために学生を準備するカリキュラムが増え続けています。家族法の基本コースに加えて、ロースクールでは、親、子と州、家族法とADRなどのコース、養子縁組や児童虐待などのトピックに関するセミナーを提供しています。私たちの学生は、ワークショップ(Guardian-Ad-Litem Workshopなど)または地域のさまざまな郡家庭裁判所または法律扶助組織との監督付きフィールドワークプログラムを選択できます。また、学生ボランティアやグループ活動もあります。たとえば、多くの学生は子供家族法協会に所属しているか、ミルウォーキー郡家庭裁判所のセルフヘルプデスクでボランティアをしています。

最後に10月 2020を更新しました。

キーストーン奨学金

キーストーン奨学金にどんなオプションがあるかを見る

学校について

People choose a specific law school for many and varied reasons. I know that many of you will select a school because you believe it is the "best" law school you can get into. Some of you want to atte ... もっと読む

People choose a specific law school for many and varied reasons. I know that many of you will select a school because you believe it is the "best" law school you can get into. Some of you want to attend a school in a particular geographical region, while others of you will select an institution because you believe its program offers specialization in certain fields of the law. Perhaps some applicants want to attend a school with a particular religious affiliation. And all of you are concerned about the cost of legal education, and the value and marketability of your J.D. degree once you graduate. 閉じる