JD刑法

一般

講座の説明

Marquette University Law Schoolの刑法カリキュラムは、刑法の実践に関心のある学生に、多様な教室とインターンシップの経験を提供します。このカリキュラムの教室コンポーネントは、刑法、刑事手続き、および憲法と犯罪捜査(逮捕、捜査と押収、尋問、容疑者の特定を規制する法律の研究)の一連のコアコースから始まります。コアコースを強化するのは、連邦刑事手続、量刑、有罪判決後の救済、テロリズムと連邦法、比較刑法、および地域検察を含む、より専門的な主題の複数の選択科目です。刑法カリキュラムには、企業刑事責任や刑事罰などのセミナー体験も含まれており、ロースクールの修復的司法イニシアチブに関連する自然な主題を楽しんでいます。

数多くのクリニックやインターンシップが刑法の教室での経験を強化し、学生にさまざまな場所で不可欠な弁護士スキルを開発する機会を提供します。マルケットの主力検察官クリニックと公選弁護人クリニックは、40年近く継続して運営されており、ミルウォーキー郡地方検事局とウィスコンシン州公選弁護人事務所のミルウォーキー裁判部にインターンを配置しています。ウィスコンシン学生実践規則、彼らは刑事事件のすべての段階に積極的に参加し、実質的な法廷経験を獲得します。関連するインターンシップは、ウィスコンシン州東部地区連邦検事(連邦刑事訴追)、ウィスコンシン州公務員少年課(非行行為で告発された少年の代表)、セントロリーガル(軽犯罪で告発された成人の代表)でも利用できます。 、および近くの郡のさまざまな地方検事局。刑法カリキュラムには、ミルウォーキー郡巡回裁判所の重罪および軽罪部門を主宰する裁判官と学生がインターンする多数の刑事裁判所の司法インターンシップも含まれています。

最後に10月 2020を更新しました。

キーストーン奨学金

キーストーン奨学金にどんなオプションがあるかを見る

学校について

People choose a specific law school for many and varied reasons. I know that many of you will select a school because you believe it is the "best" law school you can get into. Some of you want to atte ... もっと読む

People choose a specific law school for many and varied reasons. I know that many of you will select a school because you believe it is the "best" law school you can get into. Some of you want to attend a school in a particular geographical region, while others of you will select an institution because you believe its program offers specialization in certain fields of the law. Perhaps some applicants want to attend a school with a particular religious affiliation. And all of you are concerned about the cost of legal education, and the value and marketability of your J.D. degree once you graduate. 閉じる