JD不動産法

一般

講座の説明

不動産業界は数年前から揺らいでいました。何百万もの住宅所有者が「水面下」にあり、住宅の価値よりも住宅ローンのほうが多かった。差し押さえは増加し、住宅販売は減少しました。商業用不動産も苦しんだ。不動産業界は回復し、新たな住宅やオフィスビルの建設も進んでいます。

不動産はアメリカの経済において大きな役割を果たしています。不動産弁護士は、資金調達を手配する新しい方法、文書を起草する新しい方法、およびクライアントにサービスを提供する新しい方法を見つけています。

Marquette University Law Schoolは、今日の不動産活動の法的ニーズに対応するために自らを位置づけています。近年、新しい最先端のコースがカリキュラムに追加されました。法科大学院では、1年目の不動産に加えて、不動産契約と運搬、不動産ファイナンスと開発、土地利用計画、不動産起草、建設法訴訟、コミュニティおよび経済開発に加えて、半ダース以上のセミナーを提供しています。ワークショップ関連のクリニック、司法インターンシップ、および監督されたフィールドワークプログラム。

最後に10月 2020を更新しました。

キーストーン奨学金

キーストーン奨学金にどんなオプションがあるかを見る

学校について

People choose a specific law school for many and varied reasons. I know that many of you will select a school because you believe it is the "best" law school you can get into. Some of you want to atte ... もっと読む

People choose a specific law school for many and varied reasons. I know that many of you will select a school because you believe it is the "best" law school you can get into. Some of you want to attend a school in a particular geographical region, while others of you will select an institution because you believe its program offers specialization in certain fields of the law. Perhaps some applicants want to attend a school with a particular religious affiliation. And all of you are concerned about the cost of legal education, and the value and marketability of your J.D. degree once you graduate. 閉じる