法学博士号プログラム:法務博士(JD)

一般

講座の説明

JD-法務博士は専門法学位です。これは、ほとんどの法学部の学生が司法試験を受ける資格を取得し、合格すると、免許を持った弁護士になるために達成しなければならない程度です。法科大学院は、4年間のパートタイムのJDプログラム、認定されていない法科大学院を提供しています。このプログラムにより、学生は法科大学院に通っている間もフルタイムで働き続けることができます。法学博士号は、法曹界、特にカリフォルニア州および連邦法曹制度内での法務への入学に向けて学生を準備するために設計された伝統的な法科大学院プログラムです。このプログラムにより、学生は契約、不法行為、刑法から始まる包括的な指導を受けることができます。初年度法学生試験(FYLSX)を完了すると、中級および上級レベルの法務トピックを継続します。法学部プログラムの主な目的は、成功した弁護士になるための法曹の強力なバックグラウンドを学生に提供することです。 JDプログラムに登録し、法学の1年目を修了した学生は、カリフォルニア州の実務法への入学を規制する規則のビジネスおよび職業コード§6060(h)および規則VIIIで要求される1年目の法学生試験に合格する必要があります。カリフォルニア司法試験を受ける資格を得るための要件の一部として。最初に受験資格を得た後、試験の3つの管理の範囲内で1年目の法学生試験に合格した学生は、試験に合格するまでに完了したすべての法学研究の単位を受け取ります。最初に受験資格を得た後、試験の3つの管理の範囲内で試験に合格しなかった学生は、法科大学院のJD学位プログラムから直ちに失格となる必要があります。その後、解雇された学生が試験に合格した場合、その学生はプログラムに再登録する資格がありますが、1年間の法定学習の単位しか取得できません。

最後に1月 2021を更新しました。

キーストーン奨学金

キーストーン奨学金にどんなオプションがあるかを見る

学校について

American Heritage University School of Law (AHUSOL) was established with the adult learner's interest in mind that could not complete an educational goal due to unforeseen circumstances.

American Heritage University School of Law (AHUSOL) was established with the adult learner's interest in mind that could not complete an educational goal due to unforeseen circumstances. 閉じる
ランチョクーカモンガ