Keystone logo

4 法 プログラム の 教育法 2024

フィルタ

フィルタ

  • 法学
  • 行政法学
  • 教育法
研究分野
  • 法学 (4)
  • メインカテゴリに戻る
場所
他の場所を探す
学位の種類
間隔
勉強のペース
言語
言語
学習フォーマット

    Popular degree type

    Popular study format

    法 プログラム の 教育法

    教育法とは?

    教育法、または教育法は、教育の提供と管理を扱う一連の法的規則です。 教育法は、世界中の国々の連邦、州/州、地方、または領土/地方自治体レベルで制定されています。 人権、公民権、宗教の自由を扱うものなど、教育法に影響を与える司法決定は無数にあります。

    教育法は、その範囲が国際的または国内的である可能性があります。例としては、国連の世界人権宣言で認められている教育を受ける権利、義務教育法、成年法、児童労働法、公教育無料法、規制されている私立学校、教育バウチャー、および教育民営化法。

    大学で教育法を勉強することの利点は何ですか?

    教育法の学位プログラムは、教育と人権法のキャリアのために学生を準備することを目的としています。 これらのプログラムの卒業生は、弁護士、裁判官、仲裁人、教育者、研究者、政策立案者、および計画者として働いています。 コースは、教育の法的側面に焦点を当てるだけでなく、政策立案や経済学などの社会科学のコースも取り入れて、この分野の包括的な理解を提供します。

    教育法コースはあなたの将来のキャリアにどのように役立ちますか?

    教育法は、この分野での経験を持つ弁護士にとっても、複雑で理解するのが難しいことがよくあります。 教育法の十分な知識を持つ人は、より知的に挑戦的な役割や、教育法の包括的な理解を必要とするキャリアのために考慮される可能性があります。 教育法の学位は、この分野での現在の議論への最先端の洞察を提供することができ、それはあなたがあなたの職業環境の変化に遅れないようにしようとするときに役立つことがわかります。 教育法の授業を受講する多くの学生も、彼らのコースがより大きな概念としての教育の理解を促進する非常に幅広い多様なトピックを網羅しているという事実のために、この法律分野に惹かれます。