人権と人道法の専門卒業証書

Université Catholique de Bukavu

プログラムの説明

公式の説明を読む

人権と人道法の専門卒業証書

Université Catholique de Bukavu

人権と人道法の専門研究のディプロマ

ブカブのカトリック大学は法学部の人権と人権と国際人道法(CERDHO)のための地域センターを通じて、国際人道法のDES(専門研究ディプロマ)を組織します。 このプログラムの登録が始まり、2018年1月30日まで継続されます。

人権と次の部門offrer国際人道法におけるDES:

  • 人権
  • IHL

アプリケーションは以下が含まれている必要があります。

  • 登録demamndeの手紙は、学務担当副学長に宛て;
  • 元の格付けを認定度と記録のコピー。
  • CVは、詳細な更新します。
  • パスポート写真。
  • 出生証明書(最近3ヶ月未満)。
  • フィットネス(ここ数カ月3ヶ月)の証明書。
  • 善行、生活、マナーや良い市民権の証明書(最近3ヶ月未満)。
  • 2人の教授から。
  • 労働者の候補者のための雇用者の推薦。
  • 二年間のライセンスおよび大学全体のキャリア全体で60%、平均で少なくとも65%が完了しました。

アプリケーションはBugaboアベニューミッション、数2に基づいて、学術的なサービスのオフィスでの紙の形で提出されます。いずれかの電子的vraucb@ucbukavu.ac.cdで

REGISTEREDコースPROGRAM

コアコース

  • 公共の国際法の一般コース30午後
  • 国際刑事法30午後の一般コース
  • 国際人道法上の一般コース30午後
  • 60午後 (人権の個人や集団的次元の自治に関連する権利)人権の実体法
  • (国、地域およびUN)人権システムの保護60午後
  • 30午後国内および国際的な犯罪の管轄区域の前に公正な裁判と擁護スキルの右
  • (、哲学的、歴史的、政治的、社会学)人権への学際的アプローチ45午後
  • 科学的研究の方法論30午後
  • 英語30時間
  • コンピュータとICT 30午後

OPTION国際人道法

  • 戦闘30時間の行う権利
  • 非国際的武力紛争と内部と内乱の権利は、30午後にしようとしていました
  • 国際人道法の実装の非司法メカニズム30午後
  • 国際刑事裁判における被害者と目撃者の役割30午後
  • IHLと平和30午後の平和維持軍
  • 国際人道法の特別な問題30午後
  • 国際人道法上のセミナー30午後

権利・オプションの権利

  • 右の健康に30時間
  • 人権と性的暴力30時間
  • アサイラム難民30午後
  • 児童保護30時間の右
  • ジェンダーと人権30午前
  • 人権と開発30午後
  • 人権の保護のアフリカシステム:ハードウェアと制度法30午後
  • 人権と紛争管理30午後
  • 人権の特別な問題30午後
  • 人権セミナー30午後
この学校か以下のプログラムを提供しています:
  • フランス語
期間&料金
このコースは、 大学キャンパスにて
Start Date
開始日
2月 2019
9月 2019
Duration
期間
全日制課程