ラトビア

ラトビアについて

多くの学生のために、教育を得るための適切な場所を見つけることが重要です。外国人留学生のための、ラトビアの国は、インスタント選択のように思えないかもしれないが、この国は、多様な文化を学ぶ十分な機会と挑戦的な教育プログラムを探している個人を提供するためにたくさん持っています。 Fラトビアはバルト海に北中央ヨーロッパに位置する3国の一つです。国は、ロシアとベラルーシとスウェーデンとの海上境界線とのバルト隣人、エストニア、リトアニアのほか、国境と国境を共有しています。ラトビアは、強力な文化、宗教と強力な履歴に基づいてされたものである。国は、欧州連合(EU)の一部であり、高所得国である。その結果、いくつかの例では、観光に人気の場所である。勉強への旅行を計画しているそれらの人々のために、ラトビアでは、これらのいずれかの理由で検討する価値がある。ラトビア留学に登録することを決定する前に、学生は、国とその教育システムについてもう少し学ぶためにいくつかの時間を取る必要があります。法的学生にとって、ラトビアの法システムは、重要な最初のステップです。 ラトビアの法律システムは何ですか?ラトビアは、いくつかの大きな、現代的な町のモダンな国です。その法制度の面では、歴史的な法律や米国、英国およびその他の西側諸国全体が従っているより近代的な法律の組み合わせです。国 'sの法律システムは主に民法ですが、同様にそれに共通の法律の要素がある。それは多少フランス語とドイツ語の法制度のようなものです。ラトビア共和国の憲法は、国の主要な法的判決文書です。それは、ラトビアは、裁判所のシステム内の表現で公共に奉仕弁護士の範囲を持っていることを知っておくことが重要です。国は死刑を含む法律、多くの種類の、のために非常に明確な処罰を持っています。ここに弁護士や支持者になりたいこれらの学生のためには、国の適切な教育を得ることが不可欠である。

ラトビアで法律の勉強

ラトビア法律の学位は何ですか?ラトビアで弁護士として仕事を希望する学生は、第一法則(LLM)に彼らの修士号を取得する必要があります。これは、大学で利用可能なマスタープログラムを通じて行われます。また、学生は、金融の分野で使用されているLLMの学位を、獲得します。このマスター 'sの法律の学位は、法律分野の他のヨーロッパの修士学位プログラムに似ています。学生は別のヨーロッパの国にラトビアの外でこの程度を取得することが一般的です。ラトビアでのロースクールでの登録ラトビア法の高等教育は、留学生のために行うことは困難ではない。彼らは、出席を歓迎します。個人は、最初の学位のマスター '認識独身を完了する必要があり学士レベル、'において教育プログラムを申請する必要があります。学校が生徒を受け入れたら、学生ビザは、入国管理部門への学校の文字で適用することで固定されている。ラトビアは、経済成長を持っています。また、所定の位置に強い法的システムを持っています。弁護士として国際法、環境法、および人権法のギャップを埋めることができ、個人の需要があります。これらは、多くの場合、注目領域における経験と教育を必要とする、取得するために挑戦的な位置でもできますが、やりがいのある仕事することができます。