ヨーロッパのLL.B.法律 - キャンパスリール

一般

講座の説明

トゥールーズキャピトル1大学と協力して認定度 "ライセンスドロイト、エコノミー、Gestion - 言及ドロイト - parcoursEuropéenmultilingue et mulitculturel"

研修期間:3年間のプログラム
訓練の場所:キャンパスリール

前提条件

  • EU =バカロレア、Aレベル、VWOなどで取得した学位の保有者または将来の保有者
  • B2英語レベル(ヨーロッパ言語レベル)

目標

  • フランス法の研究
  • 比較法の研究(イギリス、ドイツ、スペイン)。
  • 幅広い分野のキャリアへのアクセスを保証する、基礎科目の習得。
  • 大陸の法制度(北アメリカ、南アメリカ、アジア、アフリカ、ロシア)の紹介。

学問

  • 英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語の法律コース。
  • 世界中から教授や教授を訪問することによって教えられたコース。
  • 国際的な移動性:ERASMUSプログラムとの1年間にわたる交換、または国際的なパートナーシップの一環としての参加の可能性。
  • フランスの法律講座、セミナー、方法論ワークショップの教授による個別指導。

仕事

  • 国際法およびヨーロッパ法の修士号を取得するか、法学部が提供する修士号を取得します。
  • フランスまたは欧州連合の加盟国の中で - 国際的な弁護士、治安判事または社内の法律顧問になってください。
  • ヨーロッパの公務員試験の準備
  • 国際インターンシップの機会。

専門能力開発

  • プログラムの3年間で8週間の必須インターンシップ。うち4は海外でなければなりません(会社、法律事務所、機関または
    サマープログラムなど)またはフランスの国際学科内。
  • 弁護士との打ち合わせ
  • 専門的および学術的なキャリアを計画するための個人的な支援。

パンフレットをダウンロードする

最後に3月 2020を更新しました。

キーストーン奨学金

キーストーン奨学金にどんなオプションがあるかを見る

学校について

Studying at the Faculty of Law (FLD) means joining the first private law school in France: a genuine center of excellence and innovation in the field of legal education. Created with the founding of t ... もっと読む

Studying at the Faculty of Law (FLD) means joining the first private law school in France: a genuine center of excellence and innovation in the field of legal education. Created with the founding of the Université Catholique de Lille in 1875, the FLD reopened its doors in 1993, and established itself also in Paris in 2009, in addition to the Lille Campus. The Faculty offers, to each of its more than 2300 students, the guarantee of optimal working conditions in the service of each student’s success. 閉じる