フランス

通貨を変更する

基本的な月額生活費

  • 共有アパートで借りる

    536
  • ユーティリティのシェア

    51
  • インターネットサブスクリプション

    29
  • 地元の交通機関

    65

サンプルのライフスタイルコスト

  • ファーストフードコンボ

    9
  • シネマチケット

    10
  • 地ビールのパイント

    6

フランスについて

フランスは欧州の政治的、経済的、ゲームのキープレーヤーの一人である。イベリア半島とヨーロッパの本土との間の境界として、フランスは長い間、ヨーロッパで文化的な焦点となっている。パリは、特にで、ファッション業界の高さであり、世界 'sの代表するファッションの影響の多くは、パリのファッションハウスから来る。国はまた、ルソーやヴォルテールのような名前を含む世界 'sの最も有名な作家のいくつかを生産している。ドイツへの接続では、フランスは欧州の団結と欧州連合(EU)の開始にリーダーの一人を務めた。ファッションや書き込みのほかに、フランスは、その料理の伝統で知られています。チーズの250以上の異なる品種がその境界内から来て、ワイン愛好家は、彼らが繊細な、おいしいワインでフランスに向けることができます知っている。あなたは、その料理の遺産、芸術的才能のためにフランスを検討しているか、あなたは新しい場所の文化を体験したいので、単に、あなたがこの主要なヨーロッパの国で勉強に向けてあなたを描画するために、さまざまな要因がありますかどうか。フランスは非常に多くの外国人学生にアピールするので、大学での生活は文化的多様性に富んでいる。文化的に啓発的な経験は、フランスで見つけるのは簡単である。博物館、パリで特に、26の無料入場歳未満の学生で、EUの住民を可能にします。学生カード会員は、また、輸送、食品、エンターテイメントの割引があります。その学校は、それが彼らの教育のために国際的に旅行するために探して学生のための魅力的になり、教育、国際ランキングでも行う。 法制度をフランスで欧州、フランスの実践主に民法の多くのように、刑法は、その司法制度の一部であるが、 。公法また、両方の管理および憲法が含まれています。全体として、フランスの法制度は、民法のシステムをモデルにしています。

フランスで勉強する

フランスではフランスの法律程度は 、法律の学位はロースクールに通うことで獲得している。ロースクールは、より大きな大学内の学校ではなく、独立したエンティティです。博士課程レベルのプログラム(法律学の博士号)も利用可能ですが、フランスで法律を練習できることは、法の学士号(LLB)を必要とし、そのフィールド(LLM)内の少なくともマスター 'sの学位。 法律の学位を獲得フランスでフランスの法律の学校は公立大学内にあるので、学部レベルでの入場は私立学校でのように選択的ではない。しかし、入場料は成功を意味するものではありません、と多くの学生が厳格なプログラムでは成功しない。ロースクールは、三つのプログラムに分かれています。まず、学生は(「ライセンス·デ追及権」という)法のプログラムの3年間の学士号に出席。これは、法律のプログラムの2年間の修士(LLM)が続き、最終的に3年間以上の博士号を取得されている法定上の。また、バーを入力するために、学生たちは、バーの学校を入力する必要があります。バーの学校への受け入れは、少なくとも法律の訓練のマスターの最初の年を必要とします。多くの学生は、その低コストでフランスの学校に通うことを選ぶ。学生のレストランや助成寮は、フランスで学校に通うの手頃な価格に追加する。フランスの学年は9月に始まり、秋と春学期に分け、月または6月を介して実行されます。フランスもあるため、学者のハイレベルの法律の学生にアピールされている。学校に通うのに十分なだけでなく、フランス語を話すことができる人は、国際教育の世界でもトップクラスの学校や教育者の一部から手頃な価格の教育を受けることができます。厳格なフランスのロースクールプログラムで成功できる人は、フランスの教育システムから来る強い民法のトレーニングの基礎とヨーロッパ全土法律を練習することができます。彼らの卒業生がバーに適用するか、民法が法律の主なタイプが実践ではない他の国に専門家の入り口を得ることが十分に整っていますので、また、多くのフランス法プログラムも、一般的な法律の勉強。この組み合わせは、フランスの法律を勉強する学校を選択する際に考慮すべき魅力的な国になります。

Visa Requirements

There are different types of student visas, depending on how long you plan to study in France:

  1. Visa de court séjour pour etudes (‘Schengen’ short-stay student visa) - If your studies will last less than three months, then you should apply for the so-called Schengen student visa. It is issued free of charge and cannot be renewed. 41 countries may not need a visa for a stay of less than three months.
  2. Etudient concours (visa for sitting entrance exams) - On this visa, you can come to France to take an entrance exam at an institute of higher education. If you pass, then you can apply directly to your local prefecture (French local authority/administrative office) in France for a one-year, renewable, residence permit.
  3. Visa de long séjour temporaire pour etudes (temporary long-stay visa) - This visa allows you to study in France for between three and six months without the need for a residence permit. It is non-renewable.
  4. Visa de long séjour etudes (long-stay visa) - If you want to study for longer than six months, then you need to apply for the long term student visa in France. From 2013, this type of study visa now lasts for the duration of your course in France. Long-stay visas act as residence permits and are called VLT-TS.
  5. Extended stay research scholar visa - If you have a Master’s degree or higher and want to come to France to take part in research or teach at the university level, then the institution can bring you over on an extended stay research scholar visa VLS-TS.

どのタイプのビザが必要ですか?

ビザ名

Student Visa

価格と通貨

EUR 50

Student visa fees range greatly, depending on the type of visa and the country where you come from. For students from the Schengen area, costs vary from 50 to 99 EUR. The short-term Shengen student visa is free of charge.

誰がビザを申請できますか?

If you are an EU national, or national from the EEA, Switzerland, Norway, Iceland or Liechtenstein, you do not require a French student visa.

If you are a national from anywhere else in the world, you will need to obtain a student visa for France. You need to have secured a place on a course at a French educational institution before applying for a visa.

どこで申請できますか?

French embassy / consulate

Some countries require you to register first with CampusFrance, the French national agency for higher education, and international students, in order to apply for admission and get a student visa through the CEF procedure. Otherwise, you should get your visa at the French embassy/consulate in your home country.

Webサイト:https://france-visas.gouv.fr/

アプリケーションの作り方は?

In order to apply for your visa, you will need the following:

  1. An official acceptance letter onto an accredited program at a French institution. This should be on officially headed paper, stating your full details, details of the French institution, and specifying the start and end dates of the academic program.
  2. Proof that you have sufficient funds (currently EUR 615 per month), for example, bank statement, guarantor’s letter, or notice of a grant or funding from an official source.
  3. Proof of return ticket home. Often this is in the form of the actual ticket or reservation showing the date of departure, but can be a handwritten statement of intent, including intended departure dates.
  4. Proof of medical insurance (minimum cover EUR 30,000).
  5. Proof of accommodation. Can be shown in the form of student housing confirmation or a certificate of board and lodging or ‘attestation d’accueil’ (if you’re living with friends or relatives).
  6. Proof of proficiency in French, if you are studying a French-language course.

There is a charge for the Visa application and you must also have a passport that is valid for a period of three months past your expiration date of the requested party. You must complete an application that you sign and must submit three photographs with the application.

いつ申請する必要がありますか?

It can take up to two months for a Visa application to be approved, so you should submit all of the necessary information as quickly as possible before you plan to leave. ‘Schengen’ short-stay student visa lasts for 90 days, a temporary long-stay visa for three to six months, and a long-stay visa for the duration of your course: three years for bachelors, two years for a Master's, and four years for a Ph.D.

処理時間

2 Months

仕事の機会

As an international student with a study visa in France, you can work up to 964 hours in a single year (about 60 percent of full-time employment for a year) – while you are on the course, and as long as you have a valid residence permit.

週数時間

0

なぜこのタイプのビザが必要なのですか?

When completing your application for a France Visa it is essential that you complete the application in its entirety. You shouldn’t leave anything blank as this can greatly delay the application process. You also need to make sure that you have all of the documents that are needed and submit them with the application.