フィンランド

通貨を変更する

基本的な月額生活費

  • 共有アパートで借りる

    401
  • ユーティリティのシェア

    39
  • インターネットサブスクリプション

    23
  • 地元の交通機関

    58

サンプルのライフスタイルコスト

  • ファーストフードコンボ

    8
  • シネマチケット

    14
  • 地ビールのパイント

    6

フィンランドについて

それはノルウェー、スウェーデン、エストニア、ロシアと国境を接している北欧に位置し、フィンランドの北欧の国は一貫して生活の質、経済的機会や教育に関連して生活するための最良の場所の一つとしてランクされています。フィンランドはほぼ$ 50,000一人当たりの収入、世界で最も高いの1を誇った。まばらに、フィンランドは、国の南部に住んでいるその500万住民、特にヘルシンキ、ラハティとタンペレのほとんど、土地の測定の面で8番目に大きなヨーロッパの国であり、その寒冷な気候と険しい地形に人口。 約早わかりはフィンランド -南フィンランドの冬の間の平均気温は雪が11月から4月まで地上に残っていると、32度華氏(0℃)以下に留まる。しかし、フィンランドの夏はひどく高温になることがあります。 7月中旬に90度華氏(32℃)の温度は珍しいことではないです。- 畜産北部フィンランドの焦点の農民、南部の農民は穀物農業を重視しながら、 - 2002年には、フィンランド 'sの通貨(マルッカ)はユーロと交換した。スウェーデンとフィンランド: - フィンランドは2公用語があります。フィンランド 'sの人口の90%がフィンランド語を話す。 20%がドイツ語を話すながら英語がフィンランド人の60パーセントによって話されています。 政府とフィンランドの法制度首相によって支配議会制民主主義、国家元首と2000年に実施し憲法、フィンランドはその国民は、すべての国の選挙で投票することができます欧州の選挙も。最高立法権限は、憲法を変更総理Minsiterによって拒否権を無効にして、キャビネットを却下する権限を与えられている200の個人で構成されるフィンランド 'sの一院制議会によって行使される。フィンランド 'sの司法制度は民法に基づき、行政裁判所と刑事/民事裁判所の間で分割されている。フィンランドの法律は主にスウェーデンの法律に基づいているだけでなく、頻繁にローマ法の影響を受けている。上訴(地方)裁判所と地元の裁判所はフィンランドを通して様々な法域において裁判官にもたらしケースを決める。弾劾の高等裁判所も、もっぱら政府機関の高位保有者が犯した犯罪とそのお得な情報が存在する。フィンランドで法律を破るための罰は執行猶予、罰金やコミュニティサービスを伴う。過失致死、麻薬取引やその他の重大な犯罪は、一般的に刑務所で9年間を保証する。フィンランドは10〜15年後に囚人の保護観察を計画的殺人のために終身刑を与えるが、一般的に表彰ん。フィンランドは1971年に死刑を廃止した。

フィンランドで勉強する

フィンランドフィンランドの法律学位を取得することは誰もが法律を練習することができますが、フィンランドの弁護士会によってライセンスを取得する唯一の個人が合法的に "asianajaja "(文字通りの意味 "弁護士"のタイトルを使用することができ、 "提唱者の"または "弁護士の ")。 「asianajaja "と考えられている弁護士は法律のプログラムの3年間の学士号(" oikeusnotaari ")と法律の2年間のマスター(" oikeustieteen maisteri ")を完了しました。また、弁護士はまた、法律事務所や民間の弁護士との4年間の見習いを経験し、司法試験に合格しなければなりません。学生はフィンランドで入手できる最高の法律の学位は「Oikeustieteen tohtori "である、または法律の博士。学生は60単位を取得し、博士論文は、典型的には約250ページです "モノグラフの"と呼ば完了する必要があります。このモノグラフも口頭で指定された法律の教授のパネルの前で擁護しなければならない。ラップランド大学、トゥルク大学とヘルシンキ大学:法律の学位は、3大学のひとつから取得することができる。フィンランドの弁護士は、限られた企業で、またはパートナーシップで、独立して練習することが許可されます。また、練習弁護士は彼らのライセンスを維持するために毎年継続教育課程に18時間以上を費やす必要があります。フィンランドの法律プログラムで勉強を希望する授業料と生活費学生は教育は無料で、生活費の資金調達であることを知って幸せになります主に教育省を通じて提供政府ベースの学生の利益によって提供されます。世界経済フォーラムは、最近、研究、科学と実用的なコースの度に重点を置いに世界で最高のようにフィンランド 'sの高等教育システムをランク付けした。フィンランド毎月の生活費(これは食べ物、宿泊施設や旅行を含んで)およそ750ユーロ(千ドルUSD)です。医療保険を必要とする学生は、学生組合に加入し、多くの場合、学校関連の支出のための割引を提供し、組合から学生証を取得することをお勧めします。

Visa Requirements

  1. Short Stay Visa - for a maximum of 90 days’ visits. You may need a visa for example if you are invited to take an entrance exam in Finland, or if you take part in a course or exchange that lasts less than 90 days.
  2. Residence Permit for Studies - a long-term temporary residence permit that is usually granted for one year at a time. If you come to Finland for a student exchange period exceeding three months, or if you have been admitted to a full degree program, you need to apply for this one.

どのタイプのビザが必要ですか?

ビザ名

Short Stay Visa; Residence Permit for Studies

価格と通貨

EUR 330

The fees for Finland Residence Permit for Studies for application on paper are currently at EUR 330; and EUR 300 for an electronic application.

誰がビザを申請できますか?

If you are a Nordic or EU/EEA citizen, you do not need a visa or a residence permit to Finland. However, you are required to register your residence with Migri if your stay in Finland exceeds 90 days (6 months for Nordic citizens). Additionally, if your stay in Finland lasts for more than a year, you should register in the Finnish population system.

If you are a non-EU/EEA citizen, you will usually need a visa or a student residence permit. Which one you should apply for, depends on the length of your stay in Finland.

どこで申請できますか?

Online / Finnish embassy or consulate

You can start your student residence permit application online at Enterfinland.fi, but in the process, it is also necessary for you to personally visit a Finnish embassy or consulate. A Finnish student residence permit application cannot be processed until the applicant visits the embassy, regardless of whether the application has been submitted electronically or at the embassy itself.

Webサイト:

アプリケーションの作り方は?

In order to apply for Finland Student Visa or Residence Permit you must fulfill the following conditions:

  • You must provide the official letter of acceptance issued by your hosting Finnish university.
  • Your passport must have a validity that exceeds the duration of the visa or residence permit you are applying for by at least 3 months.
  • Your passport must have been issued within the previous 10 years.
  • You must have a copy of your completed and signed application form.
  • You must provide proof of your financial ability so as to support yourself financially during your entire period of study in Finland and for your return transportation. At present, a student must have a minimum of EUR 560 per month for staying in Finland. This means the student must have a minimum of EUR 6720 per year for his or her expenses in Finland.
  • You must provide a recent statement of your financial situation from your bank that shows you have at least EUR 6720 in your bank account. Note that students undertaking degree courses in Finland must have funds for one year at a time. Exchange students must have funds for the entire duration of their stay in Finland. In case you do not have the above-mentioned amount in your account, you must provide written evidence of having received a stipend or scholarship or have been selected for benefits to be provided by your educational institute. Note that the bank statements of an applicant’s parents or a shared or joint account will not be accepted for Finland student visa or residence permit.
  • You must provide proof of having obtained valid health and medical insurance that covers the entire duration of your stay in Finland.
  • You must be in good physical and mental health and free from any kind of contagious disease.
  • You must not have a criminal record.
  • You must not have been refused entry into Finland previously.
  • You intend to leave Finland at the end of your authorized stay.

いつ申請する必要がありますか?

The processing times of a Finnish student visa vary, you can check them here: http://migri.fi/en/processing-times

A student residence permit is usually granted for one year at a time. After your first year in Finland (in good time before your previous permit expires) you should apply for an extension of your student residence permit from Migri. You can use the Enter Finland e-service also for this purpose. It’s also worth noting that when you apply for an extended permit when your initial permit is about to expire, you must be in Finland when submitting your application.

処理時間

仕事の機会

If you work alongside your studies, your working hours are limited. You may only work for an average of 25 hours per week during the academic term. The number of working hours is not restricted on a weekly level. This means that you can adjust your weekly working hours during the academic term, as long as you work for 25 hours a week on average.

You can work without restrictions at the times when your educational institution offers no instruction, that is, during summer and Christmas holidays.

You can also complete your thesis in a company or take part in practical training. In these contexts, the working hours are not limited.

週数時間

25

なぜこのタイプのビザが必要なのですか?

Your visa application may be rejected if you are not able to show proof of the required funds, or if you provide incorrect or incomplete documents.