フィリピン

フィリピンについて

フィリピンは東南アジアに位置島国である。これは、以上の7107の島々の国です。この多様な領域は多様文化と民族の化粧を持っています。 19以上の言語にここに存在し、推定人口を超える9950万です。ここに住みたい人のために、間違いなく可能な経験の広い範囲があります。弁護士などの国に存在する様々な法律の専門家があります。フィリピンの法律上の学位を追求したい人のために、プロセスは、国を理解することから始まります。 フィリピンの法律のシステムとは何か?フィリピンの法制度は島の多くの、より大きな都市は多くの場合、自分自身のポリシングで、変化させる。現地の法律コードは、多くの分野に存在する。時間のほとんどは、国の民法、刑法、労働法などが実体法システムは、国 'sの法的コードで定義されています。法制度は、はるかに面積を植民地化し、スペイン、のような、大部分は民法である。

フィリピン留学法

フィリピンの法律の学位は何ですか?フィリピンで法律を練習したい個人が簡単にそうすることができます。国のさまざまなロースクールがあります。これらは、法学教育委員会の下に監督されている。法律の学位プログラムは、学士 'sの学位と大学院レベルの学位を含む。法的度のオプションは、専門の法律の学位、大学院の法律の学位、名誉法律の学位、および実用性と教会法度が含まれています。 法律高等教育法的学位を取得へ ​​の最初のステップとして必要とされるフィリピン学部、 、完了するのに約4年かかる。学生は、一般的に完了するために4年を必要とするロースクールに入学することができます。その後、学生のための次のステップは、司法試験を取ることです。これは、直接国の最高裁判所によって調節されているフィリピン弁護士協会、によって支配される。学生が自分のバーの入り口例を完了すると、必須の継続法学教育を得ながら、彼らはその後、法的実際に動作します。究極の、高等教育の目標は、法律の学士号、またはLI.B.を得ることであるまたは法学博士、JD、この分野での学位。学生はさえ留学生として、直接、法科大学院に入学することができます。留学生は、国 'sの学校の多くに受け入れている。しかし、大学は最初の入学のための個々の 'sのアプリケーションを受け入れなければなりませんし、彼または彼女は国で勉強する教育ビザが与えられなければなりません。国の法的側面を研究の全体的なコストは、広く範囲である。学校教育が容易に利用可能ですが、法科大学院は、クラスの最上部にのみ取得するために一生懸命になる傾向があり、これらのプログラムに入ることを受け取ります。そのようなプログラムの費用は、一部の国内学生に法外ことができます。留学生のための開口部は、多くの場合、利用可能ですが、これも教育の高いレベルを必要とする。彼または彼女の教育を完了した後、学生は司法試験に加入しなければなりません。これらは11月中に国家試験として完成されている。それは彼らが成功したバー受験者の官邸LIST 'フィリピン最高裁判所からこの情報のリリース後に渡されたVEの'場合、学生が学ぶことを来春までではありません。もしそうであれば、学生は、その年の5月のOfficeの誓いを取り、国の弁護士として活動し始めることができます。フィリピンでこの分野で仕事をしたい個人のための機会があります。給与は他の国ほど高くありませんが、この分野で働く人々は、多くの場合、それ以降の政治事務所または司法の役割に移動。

学校

フィリピンの学校と大学

フィリピンのオンライン学校と大学