スイス

通貨を変更する

基本的な月額生活費

  • 共有アパートで借りる

    1006
  • ユーティリティのシェア

    74
  • インターネットサブスクリプション

    55
  • 地元の交通機関

    82

サンプルのライフスタイルコスト

  • ファーストフードコンボ

    15
  • シネマチケット

    19
  • 地ビールのパイント

    6

スイスについて

正式にスイス連邦、スイスは西ヨーロッパに位置し、西に東とフランスの北、リヒテンシュタイン、オーストリアの西、ドイツにイタリアと国境を接していると呼ばれる。ベルン、スイス、26の州、または管理手順がわずかに異なる領土の下位区分で構成されて内陸国の首都です。スイス 'sの人口(約8万人)の大半は、ジュネーブとチューリヒの人口の多い都市が置かれている "高原"、と呼ばれるエリアに住んでいる。スイスは世界で最も裕福な国の一つとして有名です。世界の他の市民と比較して、居住者は、個々のあたりの非金融および金融資産の最高額を保有する。さらに、ジュネーブ、チューリッヒは一貫して、他のすべてのグローバル都市間の生活の最高の水準を呈する2の都市としてランクされています。スイス 'sの安定した経済は農業とそれが商品を大量にエクスポートできるようにする効果的な製造業務を通じて、自給に起因する。スイスは、優れた経済の専門知識を示して他の地域は、観光、国際銀行、運輸、バイオテクノロジー、研究開発が含まれています。中心部にヨーロッパの中心部に位置し、スイスは、その見事な地理や中立性の豊かな歴史はもちろんのこと、その効率性と生産性のために祝われる。英語圏の研究の機会を豊富に伴い3の母国語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、で、スイスは外国人留学生のためのプレミア先である。 スイスの法制民法の伝統に基づき、スイスは、法令に基づく法律上のシステムを持っていますすべての他の政府の枝とは無関係である。すべての立法力が明確に連邦当局に属するものとして憲法が述べている場合を除き、カントンとして知られているこの国の26の州である。連邦主義は、スイスの法律制度の基本的な構成要素のまま。

スイスで勉強する

スイスの弁護士になるためにはスイスの法律学位は 、学生が法律の3年間の学士号(LLB)を完了する必要があります。しかし、バーに入院し、練習に入るようにするために、法律のその後の2年間のマスターも必要です。多くの留学生に人気がある別のオプションは、仲裁や銀行法として、法律の特定の領域にターゲットを絞った知識を得る機会を提供していますが短く、専門LLM、です。これは、LLB、法律および/またはProfessional LLMのマスターが完了した後、法律の博士号を追求することも可能です。好ましくは、それらは練習する予定のカントンで - - 卒業生は、また法律事務所または裁判所で一から二年間の見習いを完了する必要がありますし、に入学するために、彼らの訓練の終了時に投与筆記と口頭試験に合格バー。スイススイスの法律の高等教育は、トレーニングの弁護士のための民間機関がありません:すべての9法科大学院は、国の州の大学と提携している。これらは、ローザンヌ大学、バーゼル大学、ベルン大学、フリブール大学、ジュネーブ大学、ルツェルン大学、ヌーシャテル大学、ザンクトガレン大学、チューリッヒ大学もあります。スイスは無数の国際機関や金融機関の本拠地であり、原因人道懸念の多くの分野で重要な進展の発祥の地だけでなく、ビジネスや銀行としての地位に、スイスは新しく、包括的なで、世界中から学生を提供しているためグローバルな視点。さらに、最先端の研究に国 'sのコミットメントは、国際的な学生に法的グローバル法務のより深い理解を提供しています。スイスでの生活費は、悪名高いですが、授業料が比較的低い - さらに米国と英国と比較すると、特に、国際的な学生のための利用可能な奨学金の機会が多数あります。もう一度、授業料は、1機関から相互に異なる場合があります。そのため、ビジネスと金融のグローバル隆起の、特にそのような銀行業、金融、知的財産権などの主要部門、内、スイスの弁護士のためのキャリアの機会がたくさんあり​​ます。

Visa Requirements

  1. C visa – for short courses (summer schools, language schools) that last for up to three months.
  2. D visa – for courses that last longer than three months.

どのタイプのビザが必要ですか?

ビザ名

C visa; D visa

価格と通貨

EUR 0

For a student visa, the application is free of charge; however, there might be some exceptions.

誰がビザを申請できますか?

Although Switzerland is not a member of the EU, it allows EU citizens to attend university in the country. Students that do not have EU/EEA nationality must contact the Swiss embassy or consulate in their home country to apply for a visa prior to entering the country.

For courses of up to three months – summer courses, language schools – you may need a short-term Schengen C visa; for courses longer than three months, you may need a long-term national D visa.

You cannot come to Switzerland on a three-month tourist visa and change it to a student residence permit after you have arrived in Switzerland. Thus, even if you are exempt from needing an entry visa, such as Australia, Canada, New Zealand, Japan, Malaysia, or Singapore nationals, you will still need to apply for a residence permit before you arrive if you plan to stay longer than 90 days.

All international students, including EU/EFTA citizens, will have to apply for a residence permit at a Residents Registration Office within 14 days after their arrival in Switzerland.

どこで申請できますか?

Swiss embassy or consulate

You’ll need to apply for a visa through the Swiss embassy or consulate in your home country.

Webサイト:

アプリケーションの作り方は?

When you have received confirmation of acceptance by a Swiss university or private school, you will need to contact the Swiss embassy in your country for information on entry formalities for Switzerland. You will have to show proof that you have adequate financial means to support yourself during your studies.

You will need to complete an application form and submit supporting documentation in French, German, or English, so you may need to translate your documents.

For short-term Schengen C visas, documentation includes:

  • a valid passport/travel ID;
  • proof of adequate financial resources to cover your costs while you’re in Switzerland;
  • healthcare/accident insurance;
  • confirmation of booked courses including fees paid;

if you’re under 18, a birth certificate and authorization to travel if coming to Switzerland alone, or copies of parents’ visas if they will be accompanying.

For a long-term D visa, documents will include:

  • a valid passport/travel ID;
  • proof of adequate financial resources to cover your costs while you’re in Switzerland, whether yourself or a sponsor, such as copies of bank statements or a letter from the bank;
  • proof of healthcare insurance which includes cover for accidents;
  • motivation letter outlining why you want to come to Switzerland to study and how this will be beneficial to your career;
  • confirmation of enrolment at a recognized Swiss educational institution;
  • confirmation of course fees paid;
  • your CV;
  • copies of previous educational certificates and diplomas;
  • a signed letter confirming that you will leave Switzerland at the end of the course.

You may also be asked to sit a language test to make sure that you will be able to follow lessons.

If you want to undertake postgraduate studies, you’ll need to submit proof that you’ve been admitted to a post-grad course and have the appropriate qualifications, sufficient financial means, and somewhere to live.

いつ申請する必要がありますか?

You should schedule an appointment at the Swiss embassy or consulate in your area as soon as you get the acceptance letter from the Swiss educational institution. You should schedule the appointment for a visa interview as early as 6 months prior to the start of your studies but no later than ten weeks before your departure.

The processing times for short stay visa applications are 10-15 days; and eight to ten weeks for long-stay visas.

The length of the student visa depends on the length of your course. The residence permit is given for one year and can be renewed.

処理時間

10 Weeks

仕事の機会

You may take up part-time work for up to 15 hours a week in term time and full-time during holidays, but only after you have lived in Switzerland for six months.

If you already hold a Master’s degree from a foreign university and you’re in Switzerland working for your Swiss university or institute, you don’t have to wait six months but can start work right away. Your employer will need to get a work permit for you. You will need to maintain your full-time student status and show that you are continuing to make progress in your studies.

After graduation, foreign students can stay in Switzerland for six months to look for work.

週数時間

15

なぜこのタイプのビザが必要なのですか?

Your visa application may be rejected if you are not able to show proof of the required funds, or if you provide incorrect or incomplete documents.