シンガポール

シンガポールについて

シンガポールは東南アジアに位置する国である。それは、マレー半島の南端に位置島国である。それは540万人が住んでいます。継続的に人が住んで人々の最も古い地域の一つとして。これは、世界最大の商業ハブや重要なビジネスセンターの一つです。それは、国 'sのGDPの約26%を占める大規模なポートを備えている。仕事とここで勉強したい人は、それが法律の分野で働きたい人のための優れた機会を活気に満ちた文化であることがわかります。 シンガポールの法律のシステムは何ですか?シンガポールの法制度は、英語の共通に基づいています法律システム。行政法、株式および信託法、不法行為法、及び契約法などの法律のさまざまな領域があります。刑法は、ここにも存在する。国には、独自のバーシステムを持っているが、それは一般的にそこに法律の適用可能な側面として、英語の判例法を参照するだけでなく。シンガポール共和国の憲法は、国 'sの法制度を概説メイン法的文書です。

シンガポールで法律の勉強

どのようなシンガポールの法律の学位ですか?法律の学位を取得することは国で練習弁護士になることに重要なステップである。これを行うために、個人は、少なくとも、法律のプログラムの学士号の要件を完了する必要があります。ほとんどの学生は、マスター 'sのレベルの学位プログラムで法学修士を、完了する必要があります。博士課程のプログラムを含む高度なプログラムは、さらに教育のこの領域を追求したいそれらの学生のための利用可能です。 シンガポールでの法律の高等教育の国の弁護士として働くために、個人はシンガポール弁護士会への入学を申請する必要があります。そのためには、学生が第一法則の分野における教育の学士 'sのレベルの要件を完了する必要があります。この教育は、承認された学校から来なければならない。最初の学位プログラムは、弁護士会が認識し、大学で完了するために4年かかる。さらに教育は教育の2と4つの追加の年の間取ることができます。これらのプログラムに入学するためのコストは、個々の学校に大きく依存する。費用は、私立学校よりもいくつかの民間機関で有意に高いことができます。国の弁護士として働く個人は、必然的に非常に高い賃金が支払われていませんが、また法的学位を取得した後に取ることができるアクションの個人のコースです官職、で働く人々は、多くの場合、さらにポイントを獲得しましょう​​。留学生は、多くの場合、国に歓迎されています。しかし、これは、個々の大学の裁量に任されています。学校の中には、特に学術研究の分野で、非常に厳格な要件があります。留学生は地元住民として精査の同じレベルを満たす必要があります。さらに、需要プログラムにおけるいくつかは常にローカル彼らの需要に起因する留学生にはアクセスできません。これらのプログラムを申請時期尚早であるが、多くの場合、必要​​な旅行書類や承認を得ることができ、個々のを確実にすることをお勧めします。シンガポールで彼らの教育の要件を修了した学生、または国の外で、これらの要件を満たす、シンガポール法曹協会 'sのライセンス受験する必要があります。継続教育は、そうすることの後にしばしば要件です。生徒はその後、自分で練習する前に時間の必要な長さのために法律の裁判所で一時的な位置で作業することができます。学生は、法律のこの地域で利用可能な数多くのポジションを見つける可能性がある。これは裁判官として、刑事システムでの作業だけでなく、教育的指導に取り組んで含まれています。ジョブズCEOは、特に新しい学生のために最初に得ることは難しいことができます。