カナダ

カナダについて

カナダは日常生活のほとんどの面で 'sの近代的な大きな国です。国、世界で面積による第二位は、米国の南に隣接しています。世界で最も裕福な国の一つとして、面積は、おそらく現代の、多様な国の法律を練習したい人のための最も魅力的な選択肢の一つです。カナダ、英語とフ​​ランス語圏の国では、彼らの視野を広げ、それらの法律の学位を達成するために探して教育の旅行者のための機会をたくさん提供しています。カナダ約エッセンシャル事実 - カナダの首都オンタリオ州に位置して、オタワである。 - 英語とフランス語 - カナダは2公用語があります。 20%がフランス語を話すながら、カナダ人の約60%が英語を話す。一般的に起因する多文化の多様性の高レベルにカナダで話さ他の言語は、広東語、ドイツ語、パンジャブ語、イタリアである。- ケベック州の法制度は、フランスの法律でサポートされている民法のシステムに基づいています。カナダの残りの部分は英語の一般的な法律システムに準拠しています。 - カナダは、その全体の陸地の約八パーセントをカバーして推定200万の湖が含まれています。 - カエデの葉は、カナダ 'sの国の象徴と国に目立つように表示されている」であるのフラグ。 - ロイヤルカナディアンがマウントされた(口語的に「Mounties "と呼ばれる)警察は、両方の彼らはカナダの地域をパトロールとして装飾された馬に乗ってのために知られている国や連邦警察力である。カナダの法律のシステムは何ですか?カナダの法制度は英国のコモンローシステム上に構築された。カナダはかつてイギリスの植民地だったので、この時間枠の影響の多くは、カナダ 'sの多様な法律のシステムに存在している。それは、双管轄システムであり、公共および民間の法律の存在コンポーネントがあります。連邦政府は、ほとんどの法律は州の規則によって影響を受けるのに対し、法律の特定の領域を管轄する。国 'sの憲法は最高法規である。カナダはずっとイギリスに存在しているもののように、議会を持っています。同様に本上訴プロセスがあります。

カナダ留学

カナダの法律の学位は何ですか?カナダの弁護士になるためには、個人が適切な教育的な形式で登録し、教育の所望のレベルが得られるまで一連のプログラムを介して動作する必要があります。ほとんどの場合、カナダの法律の学位は、大学のプログラム内に完了するのに約4年かかる。また、最低でも、取得するために法律の学士号が必要になりますし、それは 'sの認識法の学校から来なければならない。法律教育プロセスは、実用化に向けてトレーニングを取得するに基づいてされたものである。学生は、LSATテスト、学生がこの分野で仕事をするために、カナダの法律のコンポーネントの完全な理解を持って確実にテストのために座ってする必要があります。カナダの法律の学位を取得したい方のために、カナダの法律の高等教育は、良いニュースは、それがそうすることが可能であることである。そこに多くのカナダのロースクールがあり、国際的な学生が入学をのためにそれらのほとんどは許可しません。これを考慮する前に、しかし、個人が何に焦点を当てるべきである 'llは学ぶ。まず、カナダの尊敬ロースクールに入るために競争がある。このため、個人は高い成績平均点を持っており、最高の学校のための立派な選択肢として自分自身を証明する必要があります。 LSATは、学生が法律学校に入るために持っているために必要ないくつかのスキルを測定するために取られる標準化された試験です。それは、多くの場合、学生が考慮されるべきかどうかを決定するためのベンチマークである。コミュニティの関与、個人的な文、仕事の経験は、すべての学校が生徒を受け入れるかどうかに寄与することができる。学生が在籍したら、彼または彼女はこれらのいくつかは、マギル大学、モントリオール大学、マニトバ大学、ブリティッシュコロンビア大学などが含まれ、国 'sの多数のロースクールのいずれかの教育の4年間を完了します特別法学校を持っているすべてのものの女王 'sの大学は、法学部と呼ばれる。生徒は学校の要件を満たすために必要なすべての信用を達成し、ロースクールで教育を完了します。その後、彼または彼女は司法試験を受験する必要があります。これはカナダの弁護士会によって投与することは非常に困難法のテストです。また、バッ​​クグラウンドチェックが必要です。学生は、国で実施する許可を持つために、このテストに合格する必要があります。国の法律の未来を見てみると、国ではよく教育を受け、専用の弁護士のためのニーズが高まっている。学校のこのタイプに入学を希望するもの留学生のために、良いニュースは、利用可能な多数のプログラムオプションがあるということです。それは、これらのプログラムに入学するために、学生ビザを取得するために重要ですが、大学自体は、これらの必要書類を達成するために学生を助けることができる。