オーストリア

通貨を変更する

基本的な月額生活費

  • 共有アパートで借りる

    451
  • ユーティリティのシェア

    79
  • インターネットサブスクリプション

    34
  • 地元の交通機関

    50

サンプルのライフスタイルコスト

  • ファーストフードコンボ

    8
  • シネマチケット

    12
  • 地ビールのパイント

    4

オーストリアについて

中央ヨーロッパに位置し、イタリア、ドイツ、チェコ、スイスを含むいくつかの国と国境を接し、オーストリアの連邦共和国は9連邦州からなる議会、半大統領代表民主主義である。現在、ヨーロッパと世界で最も豊かな国の一つで、オーストリアは人間開発​​指数で生活評価の優れた標準を持っています。 Bundespräsident(連邦大統領)は"国家元首" で、一般投票の結果に基づいて選出された。連邦首相(連邦政府の委員長)がBundespräsidentによって任命され、副大統領に似て電力を保持している。 オーストリア 'sの法制度プライベートと刑法主に個別に、またはオーストリアの企業と採用弁護士によって実践されている。私法は、市民、商業、雇用の法的事項に関するものとアルゲマイネBuergerliche Gesetzbuch、決定的なものの、常に合法的に特定の訴訟に結合されていない、包括的な法律コードによって規制されています。オーストリア 'sの私法の原則の多くは、個人の自由、またはPrivatautonomieKonsensprinzip、コンセンサスの元本の原則として、ローマ法から来る。オーストリアの私法の他のファセットは法的能力、契約、不法行為とビジネスパートナーシップがあります。オーストリアの刑事弁護士は、状態検察率いるケースを導く特定の基本原則の下で働くと陪審員、裁判官と判事が関与しなければならない。これは、被告人 'sの罪についての疑問が公判の最後に存在する場合、犯罪で告発、誰の無罪判決を促進 "公正な裁判"教義が含まれています。

オーストリアで勉強する

オーストリアオーストリアの大学やロースクールで法律学位を取得することは法律の特定の領域に特化した促進する法律の学士(LLB)と法のマスターズ(LLM)プログラムの包括的な範囲を提供しています。 LLMプログラムに入学、学生が第一法則(LLB)の学士学位を取得し、その学位を取得しながら、高い成績を達成する必要があります。オーストリアのすべての練習の弁護士は、ABA(オーストリア弁護士会)、民事や刑事弁護士に関するご懲戒事項を統括する組織のメンバーである必要があります。彼らは司法試験を取ると、ABAへのメンバーシップを獲得することができます前に、学生が認識オーストリアのロースクールを卒業し、法律上の仕事の少なくとも5年間からなるインターンシップや実習訓練プログラムを満たすために必要があるでしょう。 いくら法律を勉強する費用がかかりますオーストリアで?オーストリア 'sの公立大学ごとの学期授業料を請求する。その手数料の額は、学生がオーストリアであるかどうかまたは別の欧州連合の国から異なります。例えば、EUの学生は、多くの場合、学期料を支払うことを免除されているが、大学の 'sの学生組合に周りに20ユーロを支払う必要があり、留学生(ordentliche studierendes)と考えられている。非EUの学生は、学期ごとに複数が課金されます。また、オーストリアは、ほとんどのアフリカ諸国、アフガニスタン、バングラデシュを含む発展途上国からの学生のための奨学金の機会を提供します。もう一度、手数料は、他に1大学によって異なる。オーストリアの大学についての詳細を読み、Lawstudies上で直接ロースクールにお問い合わせください。

Visa Requirements

  1. Travel Visa C (""Schengenvisa""): entitles you to stay in Austria and in all other Schengen countries for a maximum of 90 days.
  2. Visa D (Austrian National visa, Aufenthaltsvisum D) - for stays of at least 91 days up to a maximum of 6 months; not necessary if you are a Japanese national.
  3. Aufenthaltsbewilligung Studierende (temporary residence permit for students) - for stays longer than 6 months.

どのタイプのビザが必要ですか?

ビザ名

Travel Visa C; Visa D; Aufenthaltsbewilligung Studierende

価格と通貨

EUR 71

  • For Visa C: 71 EUR
  • For Visa D: 176 EUR
  • For Residence Permit: 141 EUR

The prices can be subject to change.

誰がビザを申請できますか?

Nationals of EU and EEA member countries, as well as Swiss nationals, do not need visas for Austria. When staying in Austria for longer than 3 months they, however, have to apply for a ""Lichtbildausweis für EWR-Bürger/innen"" which is a confirmation of registration at the immigration office within 3 months of entry to Austria.

Other foreigners have to apply for a residence permit for study purposes (Aufenthaltsbewilligung Studierende) at the Austrian representative authority before entry to Austria after receipt of the notification of admission.

どこで申請できますか?

Austrian representative authority (embassy, consulate-general)

You have to apply for a student visa in person at the Austrian representative authority (embassy, consulate-general) before traveling to Austria.

Webサイト:

アプリケーションの作り方は?

All visa applicants must appear in person at the Austrian embassy/consulate. Documents to be submitted for registration include:

  1. A fully completed and signed application form (available from the representative authority; can also be downloaded from the Internet)
  2. Valid passport (should be valid for the whole duration of your stay in Austria)
  3. Passport-sized colour photograph (between 3.5 x 4.5 cm and 4.0 x 5.0 cm)
  4. Birth certificate
  5. Certificate of good conduct (where available)
  6. Health insurance
  7. Notification of admission of the Austrian educational institution
  8. Proof of sufficient financial means to cover one’s living costs for 12 months in advance (for students up to 24 years of age: 426.57 EUR/month; for students over 24 years of age: 772.40 EUR/month (these amounts include the rent for the accommodation of up to 239.15 EUR in 2009), e.g.: savings bank book/account in Austria / declaration of guarantee of a person living in Austria/Travellers Cheques
  9. Proof of accommodation (rental agreement, accommodation agreement with a student hall of residence).

In Austria, it is compulsory to register with the municipal authorities (Meldeamt: Gemeindeamt, Magistratisches Bezirksamt) within three working days of entering the country.

いつ申請する必要がありますか?

For short-term visas (visa D): Allow 15 days for processing. Visa applications should ideally be submitted at least 3-4 weeks prior to departure but no more than 3 months prior to departure.

For long-term visas: Your visa application will be sent to Austria and the decision has to be awaited in one’s home country - therefore the application should be submitted at least 3 months before the intended arrival in Austria. The general processing period for a Residence Permit is three to six months until you will receive a decision from the Austrian authority.

Only residence titles (residence permits (Aufenthaltsbewilligung) and settlement permits (Niederlassungsbewilligung) can be renewed in Austria. You have to apply for a renewal before the expiry of the original permit. Until a decision about the renewal has been taken you may – even after the expiry of your original permit – stay in Austria.

処理時間

3 Months

仕事の機会

Nationals of the EU states, as well as Liechtenstein, Iceland, Norway, and Switzerland, do not need a work permit for working in Austria. If the work permit is granted these students are not restricted as regards the extent of their work, i.e. their permitted work is not limited to seasonal work or minimum income work (geringfügige Beschäftigung). One of the requirements for the work permit is that the vacancy cannot be filled by unemployed people registered with the employment service.

Students from Non-EU countries and Croatia are subject to the Act Governing the Employment of Foreign Nationals and require an employment permit (Beschäftigungsbewilligung). Students who are nationals of third countries get a work permit for up to 10 hours weekly if they are studying in Bachelor degree programs, students in Master degree programs are allowed to work with work permit up to 20 hours weekly. Full-time employment is possible for the periods during which no lectures take place. The work permit has to be applied for at the employment service (Arbeitsmarktservice, AMS) by the employer at least 6 weeks before the beginning of the employment and is only valid for a specific job with the specific employer.

週数時間

10

なぜこのタイプのビザが必要なのですか?

Your visa application may be rejected if you are not able to show proof of the required funds, or if you provide incorrect or incomplete documents.