オランダ

通貨を変更する

基本的な月額生活費

  • 共有アパートで借りる

    634
  • ユーティリティのシェア

    69
  • インターネットサブスクリプション

    42
  • 地元の交通機関

    90

サンプルのライフスタイルコスト

  • ファーストフードコンボ

    9
  • シネマチケット

    12
  • 地ビールのパイント

    5

オランダについて

その南、北に東にドイツ、北海にベルギーでは、オランダは北西ヨーロッパの国は12の州と3カリブ海の島々で構成されています。その風車、チューリップや幸せな住民で知られ、国はその堤防で有名です - オランダの土地の約5分の1が海面下にあり、大規模な堤防システムがベイで洪水を保持します。主要産業は、輸送、漁業、貿易、銀行業務が含まれています。注目すべきオランダ人アーティストはヴィンセント·ヴァン·ゴッホとMCエッシャーが含まれる。ハーグの国際刑事裁判所とユーロポールと欧州司法機構を含む、いくつかの他の国際裁判所や法廷にホストであるように、オランダはまた、世界 'sの法定資本として知られています。 オランダオランダにおける法制度がベース民法の形式に従っフランスの民法上の伝統的なオランダの法律とローマ法からいくつかの影響を受けた。1992年には、国は、その法的コードを概説場所で民法の本を入れて、それは国が法律上の世界のリーダーに成長してきました。オランダの議会は、システム内の主要な立法機関である。

オランダで勉強する

オランダオランダ法の学位勉強法は、時間のコミットメントを必要とするが、民法のアプローチに続き、欧州の法律上の中心地として知られている国の法律の学位を得ることができるという利点が価値のある研究の過程を作る。オランダ法律の学位を獲得することは、研究の1年を必要とする法律の学位(LLM)のマスター、続いて、研究の三年間を必要とする学部法律の学位(法律またはLLBの学士)で始まる。 法律の学位を学ぶオランダ法務研究そのほとんどがオランダの主要大学に接続され、ロースクールで行われます。留学生は法的分野に及び、完全にオランダの民法の観点について通知されない場合があり、留学生のユニークな教育的ニーズの両方の教育を中心に国際法プログラムに適用することができます。オランダの学年は9月の最初の日に始まり、研究の42週間で、8月の31次の年を通して実行されます。モデルは、欧州単位互換制度に基づいており、他のヨーロッパの法的プログラムに簡単に匹敵するされている。オランダの国際ロースクールプログラムに受け入れられるために、あなたはよく英語を話し、書くことができなければなりません。お好みの学校に適用され、学生ビザを申請する同意書を使用しています。これはあなたが仕事を見つけることができますので、必要に応じて、、、あなたの研究のために準備するために使用するプログラムに入学のために必要な訓練を生き、完了するために場所を見つけるために準備年間付与します。オランダで法律を勉強する世界中実施するための優れた基盤を提供します。オランダ法律教授は民法の理解のために国際的に認められているが、これは国際的な学生のためのより大きな仕事の見通しを意味します。オランダに滞在を希望する学生は、十分な雇用機会を見つけるでしょう。多くの主要な企業は紛争が決着持っているオランダに来る。オランダからの度合いがあるため、これらの法律のプログラムの優秀な評判をより簡単に他の大陸法の国で法律を練習します。

Visa Requirements

MVV (Provisional Residence Permit) – an entry visa.

VVR (Residence permit) - if you plan to stay in the Netherlands for more than three months, additional to your entry visa, you will also have to apply for Residence Permit (VVR) – an ID card that stands as a study visa.

どのタイプのビザが必要ですか?

ビザ名

MVV (Provisional Residence Permit); VVR (Residence permit)

価格と通貨

EUR 311

It currently costs a non-refundable fee of EUR 311 to process an application for an MVV and residence permit for the purpose of studying in the Netherlands. The fees are reviewed twice yearly, and are subject to change mid-year.

誰がビザを申請できますか?

If you’re a citizen of an EU or EEA member state or Switzerland, you don’t need a student visa or residence permit to stay in the Netherlands.

Non-EU, EEA or Swiss nationals need a residence permit to stay in the Netherlands for more than 90 days – for a shorter period, you only require a tourist visa. There are two documents you need. In most cases, you will need a provisional residence permit (machtiging tot voorlopig verblijf, MVV) to travel to the Netherlands. In addition, you will need a residence permit (VVR) in order to stay in the country.

Citizens of a few countries or people in certain circumstances are exempt from having to apply for a VVR. You can read more about this here: https://www.expatica.com/nl/visas-and-permits/Getting-a-Dutch-visa-or-temporary-residence-permit_108412.html

どこで申請できますか?

education institution

The education institution must apply on your behalf so you need to contact them for details of the procedure. If not, ask for help by contacting the international office (or if you are a researcher, the HR department) of your host institution.

Webサイト:

アプリケーションの作り方は?

The visa application procedure is initiated by the university as soon as the student is officially admitted to the study program.

Documents required for the visa application are listed in the letter sent by the university to prospective students. Usually, the following documents are needed:

  • a copy of the first page (identity page) of a valid passport;
  • proof that you can support yourself financially;
  • additional passport-sized photos (size: 35mm x 45mm, see IND requirements in.pdf);
  • proof of tuition fees and visa application payments;
  • proof of accommodation arranged for at least 1 academic year (10 months);
  • for Chinese students, a NESO certificate may be necessary.

Valid proof of a candidate’s financial self-sufficiency can be demonstrated as follows:

  • A letter from the host Dutch institution that mentions your internship fee or trainee stipend.
  • An admission letter from the Dutch university providing details of your student grant, tuition waiver, or scholarship.
  • Your bank account statement with an international bank, indicating enough funds to pay for your proposed expenses in The Netherlands.

いつ申請する必要がありますか?

The processing time for your student visa application to the Netherlands is usually one month, although sometimes it can take up to 3 months.

The residence permit is issued for the duration of a student’s study program plus 3 months, up to a maximum of 5 years. If the student wishes to complete a preparatory course, its duration will be added to the visa duration. If the length of the education will take more than 5 years, the residence permit can be extended by one additional year.

There is another condition attached to the validity of VVR. It stays valid provided the student scores 50% of credit throughout the course duration.

Graduates of higher education or university studies (bachelor's, master's, or Ph.D. degrees) can apply for an orientation year for graduates' permit within three years of graduating. This gives you one year to look for employment, during which time you can work without any restrictions or the need for an employer to hold a work permit for you.

処理時間

1 Month

仕事の機会

All international students are permitted to work alongside their studies.

For non-EU and non-EEA students, a work permit is required to work. This permit has to be obtained by the prospective employer on your behalf. Even with this work permit, students can work only for a limited number of hours, i.e. 10 hours a week. They are allowed to work full-time during the months of June, July, and August.

Students from the EU, EEA (except Croatia), and Switzerland do not require a work permit.

週数時間

10

なぜこのタイプのビザが必要なのですか?

Your visa application may be rejected if you are not able to show proof of the required funds, or if you provide incorrect or incomplete documents.