イタリア

通貨を変更する

基本的な月額生活費

  • 共有アパートで借りる

    432
  • ユーティリティのシェア

    57
  • インターネットサブスクリプション

    28
  • 地元の交通機関

    35

サンプルのライフスタイルコスト

  • ファーストフードコンボ

    8
  • シネマチケット

    9
  • 地ビールのパイント

    5

イタリアについて

イタリアはオーストリア、スイス、スロベニア、フランスと国境を接し、南部ヨーロッパ、議会制共和国であり、その領土の一部としてサルデーニャやシチリア島の島々が含まれています。バチカン市国とサンマリノカンピオーネD 'イタリアのイタリアの飛び地はスイスに位置しているイタリアの内部に存在する主権国家である。すべてのEU加盟の第4位の経済と、イタリアにも影響力のある地域とミドルパワーとNATO、世界貿易機関およびすべての3年次 "G "サミットの設立に参加しています。元老院と下院 - イタリア 'sの政府は2​​の家から成る二院制議会である。 " プレジデンテデルコンシリーオデイMinistri "(大臣やイタリアの首相の理事会議長)は政府の長であり、共和国の大統領がオフィスに選出されている。上院と下院は、イタリアで説明したように、特定の状況下でない限り、会うことはない独立した事業体であるの憲法。 イタリア 'sの法律システム管理、刑事と民事裁判所はイタリア' sの法的システムを備える。刑事事件だけ訴訟を完了するために弁護士を必要とするという行政と市民の裁判所とは異なり、裁判所、裁判官や陪審員を含む。該当する場合の判断に続き、刑事裁判における当事者は、イタリア 'sの最高裁判所に上級裁判所までにアピールすることができます。民事裁判所の判事は、 "Giudiceのディペース"(平和の判事)、裁判官、裁判所、控訴及び最高裁判所によって割り当てられます。個人や正当な利益の保護は、イタリア 'sの行政裁判所の関数である。行政裁判所に聞いた事件は、主に公共の利益、公的資金や団地、遺言や都市/村の問題を取り巻く問題に対処する。

イタリアで勉強する

イタリアでイタリア弁護士で弁護士になることは "コンシリーオナツィオナーレForense "と呼ばれる "avvocati "と呼ばれ、国 'sの国民の弁護士会に所属している。イタリアの法律専門家が分散化されているので弁護士はまた、地元の弁護士会のメンバーであってもよい。しかし、 コンシリーオナツィオナーレForenseはイタリアのすべての練習の弁護士に懲戒処分を分配するための責任があり、すべてのイタリアの地域で働くカウンセラーに適用される行動規範に準拠しています。イタリアは、欧州連合(EU)の国であるため、その法的教育の要件は、他のEU諸国のそれを反映しています。学部(LLB)と大学院レベル(LLM)の完了は、法律事務所やその他の法律指向のエンティティとインターンの少なくとも1年と一緒に、必須です。弁護士はイタリアで法律を練習することができます前に、司法試験の通過が必要です。イタリアのロースクールに通うの授業料のコストは、広く地域に大学がパブリックまたはプライベートであるかどうかによって異なります。

Visa Requirements

  1. Visa type C: Short-stay visa or travel visa valid for one or more entries and for a period not exceeding 90 days.
  2. Visa type D: Long-stay visa valid for more than 90 days.

どのタイプのビザが必要ですか?

ビザ名

Visa type C; Visa type D

価格と通貨

USD 70

The fee for a student visa to Italy is typically around 50-70 USD. The fee may be subject to change.

誰がビザを申請できますか?

EU/EEA students can enter Italy with a valid passport or an ID card and are entitled to complete a degree in Italy without a visa for as long as they wish. These students must, however, register with the Questura (police station) within 8 days from their arrival, in order to obtain a residence permit.

Non-EU students are required to obtain a student visa prior to entering Italy. For study more than 90 days you will then need to apply for a residency card (permesso di soggiorno) at the local post office within the first 8 days of arrival in Italy. This along with your visa will allow you to stay in Italy for the duration of your studies. There is a fee associated with the residency card.

Citizens of some non-EU countries do not require a visa to stay and study in Italy for a period of up to 90 days.

You can find an overview of these countries here: https://www.immigrationworld.com/italy/how-to-apply-for-italy-student-visa/

どこで申請できますか?

Italian embassy or consulate

You need to apply for your student visa at the Italian embassy or consulate in your country. You will also need to have an interview at the embassy or consulate.

Webサイト:

アプリケーションの作り方は?

After you have received the letter of acceptance or letter of admission for your intended course of study, you can check your eligibility for obtaining an Italian student visa and then go ahead with the visa application procedure. You will need to present the following documentation:

  • Entry visa application form; you can find it at
    http://vistoperitalia.esteri.it/Moduli/it/Formulario Visto Nazionale.pdf
  • Recent passport-size photograph;
  • Travel document valid for at least three months after visa;
  • Enrollment or pre-enrollment in a university course;
  • Proof that you have accommodation in Italy;
  • Proof that you have financial support (at least € 448,07 per month for the academic year, a total of € 5824,91 per year);
  • Adequate insurance coverage for medical treatment and hospitalization;
  • Proof of the availability of the financial means needed for repatriation;
  • Proof of adequate knowledge of Italian or English according to the language of the program;
  • If the student is a minor, they must have the consent of expatriation signed by each of the parental authorities, or in their absence, by the legal guardian.

いつ申請する必要がありますか?

You should apply for an Italian student visa at least three months before your planned arrival to Italy. The processing of your visa application may take between 1–3 weeks. You should schedule your visa interview around four to six weeks in advance.

The length of the student visa depends on the length of your course.

処理時間

3 Weeks

仕事の機会

If you are from the EU, you are allowed to work in Italy without the need for a work permit. Working hours should not exceed 20 hours a week during the semester. You can only work full time during the holidays between semesters.

International students from outside the EU will need to apply for a work permit at a local immigration office in Italy. First, you need to have a signed employment contract and show a copy at the immigration office.

週数時間

20

なぜこのタイプのビザが必要なのですか?

Your visa application may be rejected if you are not able to show proof of the required funds, or if you provide incorrect or incomplete documents.