アイスランド

アイスランドについて

アイスランドの国はにISN '人口の面で、大きな1 taの、唯一の321000人々はそれを家に呼び出して。それは、40,000人以上の平方マイルの領域の上に座るんが、北欧の島国のごく小さな部分が生息している。それにもかかわらず、アイスランドは、現代の文化、最も頻繁に繁栄経済、多様な文化を持っています。あなたが国に留学する予定の場合は、この北欧の島国は、最もユニークなの一つであることがわかります。自由市場経済、低い税および適度に平和な生活様式としては、面積が生きるための多様かつ文化的に豊かな地域を探している個人のための理想的です。ここに弁護士になるために勉強することは非常に有益なプロセスになることがあります。 アイスランドの法律システムとは?アイスランドはと呼ばれる4行政区があります"ファーを"。裁判制度は、さらにローカルエリアに分かれています。 36裁判官や、より高いレベルの裁判所のシステムを含む司法体もあります。地域全体で控訴裁判所があります。アイスランド法システムは、非常に基本的であり、いくつかの場合では、さらに中世の成分を有する。それにもかかわらず、現代の文化として、帯電している人に法的な表現を提供するシステムの弁護士があります。

アイスランドで法律の勉強

アイスランドの法律の学位は何ですか?アイスランドは、いくつかのロースクールを持っています。作業弁護士として国の法律を実施するために、個人は法律の学位を取得する必要があり、その後アイスランド弁護士会のテストに座る。 'sの法律の学位国は法律の修士​​(LLM)です。国際比較法修士課程と国際および欧州ビジネス法度を含む、いくつかの専門分野は、もあります。学生は、同様に法の博士号を取得するために彼らの教育を促進することができます。 アイスランドの法律高等教育の国の弁護士の3分類があります。これは、従来の弁護士、地裁弁護士、及び最高裁判所の弁護士が含まれています。アイスランドで法律を練習したい学生は、彼または彼女の法的研究は国の認識法的施設から 'sの審査を習得し、それ以外の大学で法律によって設定されたすべての要件を満たして取得する必要があります。他の要件も同様にあります。アイスランドでのいくつかのロースクールや大学があります。彼らは、学生がフルタイムで在籍している場合に応じて、法律学の追加の二、三年に続く4年間の学士プログラムを提供しています。外国人学生のためのアイスランドのロースクールに入学のコストは、それが地元の人々の場合より有意に高い。しかし、これらのレートは、次の1校とは大きく異なります。この分野での教育を完了し、必要な司法試験のために座った後、学生はその後、弁護士のいずれかの分類で作業を開始できます。覚えておいて、これらのよく資格の専門家のための需要が特に研究のより高度な地域で、適度に高いです。