フランスで の 法学の修士号

フランスで の 14 の 人気の LLMプログラム 2017 すべてを見る

LLM

フランスの政治的、社会的、経済的なヨーロッパの影響だけでなく、世界の残りの部分は、この著名な国で高度な法律の学位を得るの魅力に貢献してきました。別にフランスのプログラムで高品質のLLMから、学生は活気のある都市、美しい田舎、繁栄のアートシーン、史跡やモニュメント、およびそんなに多くを楽しむことができます。フランスのLLMは、教育以上のもの、それは文化、冒険、そして悟りである。

専門家や専門​​能力を持つ高品質な学術機関にフランスで法学修士を得るためにいくつかの機会があります。専門分野のいくつかは、経済学、欧州の法律、税法、国際法、人権があります。フランスではLLMと、学生は専門家、ヨーロッパでの就職市場での競争上の優位性を提供し、国内外、ヨーロッパだけでなく、貴重な国際経験にまたがる広大なネットワークへのアクセスを得ることができます。

あなたは、以下のプログラムをスクロールし、フランスの法学についての詳細を学ぶことができます。あなたの学術のプロとしてのキャリアの次のステップを見つけて下さい!

もっと読む

LLM in Transnational Arbitration and Dispute Settlement

Sciences Po
キャンパス 全日制課程 1 年 August 2017 フランス パリ

Paris is home to the International Chamber of Commerce’s Court of International Arbitration, the leading law firms in the field of international arbitration and many of the most reputed arbitration specialists, making it a key venue for international arbitration worldwide. [+]

フランスで の 法学の修士 2017. LLM in Transnational Arbitration and Dispute Settlement Why study arbitration in Paris? Paris is home to the International Chamber of Commerce’s Court of International Arbitration, the leading law firms in the field of international arbitration and many of the most reputed arbitration specialists, making it a key venue for international arbitration worldwide. Why study arbitration at Sciences Po Law School? The faculty of Sciences Po Law School is internationally recognised for excellence in arbitration and international law, with leading experts such as Emmanuel Gaillard, Horatia Muir Watt, Diego P. Fernandez Arroyo, and Emmanuelle Tourme-Jouannet, Makane M. Mbengue (University of Geneva) and George A. Bermann (Columbia Law School). Each year, the Sciences Po Law School organises events that bring together the major stakeholders in arbitration. What will you study in this LLM programme? At the core of the programme is the study of international arbitration
. Accordingly, courses and workshops will focus on the law and practice of international commercial, investment and sports arbitration. The programme also covers other mechanisms of international dispute settlement. These include judicial and non-judicial forms of dispute resolution, such as litigation before the International Court of Justice, at the World Trade Organization (Panel and Appellate Body), and human rights litigation (e.g., European or American framework). In addition, the programme will offer insight into litigation in domestic courts, recourse to mediation and online dispute settlement. The “procedural” tools governing dispute settlement procedures will be covered in depth, while “substantial” lectures will address public international law, international contracts law, private international law, energy law, international investment law and the protection of human rights. The combination of these “procedural” and “substantial” insights will prepare students to work in the extraordinary variety of tribunals and courts that exist in the world today. A wide range of teaching and learning methods The programme will be delivered through intensive mandatory courses and elective courses taught in small groups to facilitate intellectual and professional exchanges; and practical workshops in arbitration law firms and at the ICC, conferences, and internships to offer students an immersion experience in the transnational arbitration network. Governance The LLM will be coordinated by Diego P. Fernández Arroyo (Sciences Po professor). Academic Advisory Board: Emmanuel Gaillard (Sciences Po), Chairman George A. Bermann (Columbia University) Franco Ferrari (New York University) Pierre Mayer (University of Paris I) Alexis Mourre (President of the ICC International Court of Arbitration) Horatia Muir Watt (Sciences Po) Alain Pellet (University of Paris X) Mónica Pinto (University of Buenos Aires) Practitioners Consultative Committee: Eduardo Silva Romero (Dechert) Rodman Bundy (Eversheds) Andrea Carlevaris (ICC Court of International Arbitration) Carine Dupeyron (August & Debouzy) José Ricardo Feris (ICC Court of International Arbitration) Simon Greenberg (Clifford Chance) Laurent Guiffès (Hogan Lovells) Maude Lebois (Shearman & Sterling) Carole Malinvaud (Gide Loyrette Nouel) Fernando Mantilla Serrano (Latham & Watkins) Isabelle Michou (Quinn Emanuel) Charles Nairac (White & Case) Tim Portwood (Bredin Prat) Roland Zadié & Christian Albanesi (Linklaters) Students The LL.M is a one-year programme taught entirely in English. It is designed for candidates with a graduate degree in law and one to two years' professional experience who want to immerse themselves in a challenging university environment, gain further expertise and pursue new horizons in arbitration and international dispute settlement. The LLM is a full-time programme and runs from late August to the end of July. Classes are taught in central Paris at Sciences Po's main campus in the St Germain district. Opening late August-September 2017 [-]

Master in International Finance and Law (Dual Degree with the University of Pennsylvania Law School)

Sciences Po
キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2017 フランス パリ

[+]

プログラムの概要 [-]

Master in Economic Law

Sciences Po
キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2017 フランス パリ

The Master in Economic Law is a two-year program. The application procedure is exactly the same as for other Master programs at Sciences Po, with the identical tuition fees, deadline and scholarships. [+]

フランスで の 法学の修士 2017. Master in Economic Law The Master in Economic Law is a two-year program. The application procedure is exactly the same as for other Master programs at Sciences Po, with the identical tuition fees, deadline and scholarships. Teaching method Courses in the master in Economic Law are designed in a gradual fashion, so that students, even without any specific legal knowledge prior to admission, can become familiar with the required techniques. Thus, first semester classes will essentially cover core concepts, while later semesters will gradually evolve towards specialized and practical bodies of law. To implement this incremental approach, first year courses are taught by academics, while second year courses are mostly taught by professionals. The Sciences Po Law School curriculum provides students with a firm handle of fundamental concepts of law, a deep comprehension of their theoretical underpinnings, and a clear understanding of their practical implications. Therefore, courses mainly rely on a teaching method that gives priority to debates between professors and students. This itself requires that classes be prepared by each student in advance, based on distributed handouts. This way, students acquire a global understanding of Law, along with experience in exposing and discussing various points of view. Emphasis is also laid on readings, analysis of decisions, research on concrete cases (past or current), contracts elaboration, etc. Organization of courses The master in Economic Law is a very intensive formation. Curriculum is structured in the following way: During the first year fundamentals of law and economic law are taught to acquire or reinforce an indispensable legal culture; The second year is optional, students may take a gap year and become interns in law firms, companies or public services, considering that practical experience is absolutely necessary in law studies; In the final year, students have to choose their specialization among the six that have been created. Each of them is specific, oriented towards different technical profiles, for distinct professional aspirations and different ways of practicing law. [-]

Master in International Affairs and Law (Dual Degree with Georgetown Law School)

Sciences Po
キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2017 フランス パリ

[+]

学問的プログラム [-]

修士課程

European Business School Paris
キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2017 フランス パリ

学生は、多文化と戦略的な観点から管理の概念および方法で徹底的なアースを得ることができます。 [+]

修士課程

初年度マスター

修士課程の初年度 修士プログラムアプリケーションフォーム

二年目のマスター

二年目修士トラック 国際経営トラック ファイナンストラック マーケティングとコミュニケーショントラック 国際人的資源管理トラック 起業家精神と社内ベンチャー制度トラック デジタルマーケティングおよびEコマーストラック ファッションとラグジュアリーブランドマネジメントトラック

プログラムYEARS 4から5(MASTER)

修士課程の初年度

目的

四年は、経営·事業戦略の高度な研究に取り組んでいます。 学生は、多文化と戦略的な観点から管理の概念および方法で徹底的なアースを得ることができます。 利用可能な選択科目の多種多様を通じ、学生は、管理のいくつかの特定の領域を詳細に調べると、自分のキャリアプランが形を取る見ることができます。 特定のコースは英語で教えられています。... [-]


マスター・ビジネス法と管理プログラム

Lille Catholic University - Faculty of Law
キャンパス 全日制課程 3 年間 September 2017 フランス パリ

EDHECと法ロイヤリティリールの学部が共同で作成し、3年間のこのプログラムは、雇用市場で高い需要を満たすために設計されました。 企業のビジネス・法律だけでなく、企業の法務部門は、定期的に法と管理の両方で確かな教育を受けた卒業生を募集する彼らの必要性を発現します。 [+]

ビジネス法と管理ALLIANCE EDHECと法ロイヤリティリールの学部が共同で作成し、3年間のこのプログラムは、雇用市場で高い需要を満たすために設計されました。 企業のビジネス・法律だけでなく、企業の法務部門は、定期的に法と管理の両方で確かな教育を受けた卒業生を募集する彼らの必要性を発現します。 これは、世界経済における法的な操作の複雑であり、弁護士や弁護士の必要性今日は、このプログラムを牽引してきたビジネスにおける真のパートナーであると。 DIFFERENCEをマーク強み ますます採用担当者が要求する2スキルの取得、および変化する市場の弁護士やビジネス弁護士に必要な応答 ビジネス法と管理の基礎に捧げトレーニング 実践的な学習の準備の学生がプロのaumonde。 固体言語スキル:いくつかの科目は英語で教えられています。 法律/ EDHECのダブルディグリー学部の究極の達成は:目の肥えた採用担当者に真の資産を誘惑し、バーの学校への入学試験のための道を開きます。 原稿の指導方法 インタラクティブコース 両方の機関のそれぞれの研究センターが行った作業:LegalEdhecとリスクと法の関係に関する研究のためのセンター(C3RD) 介入の実務経験とプロの世界の現実に投影を共有することができます。 実際の生活を学生に公開するためのロールプレイやケーススタディ。 プロの目標:住宅実際の状況は、彼らの研究の終わりに学生を運用可能にします 3年間の研究を検証するために、海外6など、ビジネスで必須の12ヶ月の経験。 このような「アクションにおける法」などのデバイス( '' One事務所、一つのファイル ''):学生が研究や法務部門や法律事務所によって提案された実際の例分析に直面しています。 この作品は、審査員へのソリューション(法的役員や関係教師や弁護士)の防衛で終了します。 入院MODE ビジネス法と管理プログラムは、二年法律ライセンスを完了している学生に開放されています。 選択は、フォルダ+競争+書かれたインタビューに基づいています。 筆記試験が含まれています: 契約法における1イベント 1複数の選択肢の一般的な知識 [-]

LLM国際&EU法 - ビジネス、競争法

Lille Catholic University - Faculty of Law
キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2017 フランス リール

国際および欧州法のこのマスターは、国​​際的に指向のビジネスに関心のある分野でバイリンガルの法務実務(フランス語/英語)を訓練します。 これは、取引、資本移転、合併や買収を行う際に、国内および国際市場で競合他社との関連性のビジネス法と競争法に特化し、提供しています。 [+]

フランスで の 法学の修士 2017. リール、パリでは、IELSは、国際および欧州法の4マスターを提案しています。 インターナショナルと欧州の団体のマスター1(バイリンガル) - リール 国際および欧州事業法のマスター1(バイリンガル) - リール (英語で)国際および欧州法の修士1 - リール マスターヨーロッパ法の1(多言語) - パリ 4 MASTERS IN 1 COMMON GROUND 講義は、一流のヨーロッパの大学から教授を訪問して教えられています。 学生は、研究セミナーに記事&レポートを書くことを学びます。 学生は、国際模擬法廷競争に参加しています。 学生は、国際および欧州法に関する復習語コースおよび言語のコースをたどります。 各マスタ1の特徴 16コースの専門年。 客員教授は、学者や専門で法的実務家です。 コースは全体的に英語で、異なる言語に教示されています。 [-]

LLM国際&EU法 - 人権、安全保障と開発

Lille Catholic University - Faculty of Law
キャンパス 全日制課程 September 2017 フランス リール

人権、安全保障と開発におけるLL.Mは、人権と国際開発との間のインターフェイスに焦点を当てたプログラムです。 それは、学生に研究とプロの方向のどちらかを選択する可能性を提供する多言語多文化教育です。 [+]

人権、安全保障と開発におけるLL.Mは、人権と国際開発との間のインターフェイスに焦点を当てたプログラムです。 それは、学生に研究とプロの方向のどちらかを選択する可能性を提供する多言語多文化教育です。 講義は、一流のヨーロッパの大学から教授を訪問して教えられています。 マスターの目的は、人権、安全保障と開発の分野での法的および戦略地政学的な問題の本当の意識を持って弁護士を訓練することです。 また、国際機関、専門家、国家機関、NGOなどまたは関連する訴訟に関与した国際企業の世界に入るために学生を準備することを目指しています。 このプログラムに適用するために、このページの右側にあるお問い合わせフォームをご記入ください。 [-]

法と経済学におけるヨーロッパのマスター(EMLE)

University of Hamburg, Institute of Law & Economics
キャンパス 全日制課程 1 年 October 2017 フランス エクスアンプロヴァンス

法と経済学(EMLE)プログラムでこの欧州のマスターは、2つあるいは3のヨーロッパと非ヨーロッパの大学で法と経済学の学際的研究のためのユニークな機会を提供しています。 各パートナー大学賞修士(LL.M. / MA /修士)。 [+]

フランスで の 法学の修士 2017. 法と経済学におけるヨーロッパのマスター(EMLE) この 法と経済学におけるヨーロッパのマスター(EMLE)プログラム 学際ためのユ​​ニークな機会を提供しています 2つあるいは3のヨーロッパと非ヨーロッパの大学で法と経済学の研究。各パートナー大学賞 修士(LL.M. / MA /修士)。 プログラムは、発散法の経済効果の高度な理解を学生に提供し、多国籍法律事務所やコンサルタント会社で、公的機関では、例えば、プロとしてのキャリアのための学生を準備します。 卒業生は、このような法と経済学(EDLE)欧州博士としても、博士課程で博士号の研究のためによく準備されています。 EMLEは、「優れた学術的な品質 "のエラスムス+プログラムとして欧州委員会によって認識されてきました。 エラスムス+ラベルはEMLEプログラムは毎年(「パートナー国」からの学生には、いくつかの完全な奨学金を含む)奨学金の相当数を付与することができます。 法律の学生のために、母国の具体的な規制の知識が国際貿易で活躍するカウンセリング企業の狭すぎる拠点です。 また、法的ルールの経済効果に精通は顧客の商業ニーズを理解するために不可欠となっています。 同様に、経済学の学生は、市場経済の制度的な法的枠組みの正確な理解から利益になります。 弁護士やエコノミストの両方のために、他の規律の知識と国際的な接点が成功し、将来のキャリアのために非常に重要です。 EMLEプログラムは、これらの課題への制度的応答です。 EMLEプログラムの特長 EMLEプログラムは、次の機能のユニークな組み合わせを提供しています: 真に学際的アプローチ: - 法律や経済の学部の卒業生に開放されているプログラム - - 法と経済学の分野で一流の学者や実務家からなる大規模な教員の両方の法と経済学の講義 国際カリキュラム、教員、および学生組織 - 欧州7パートナーといくつかの非欧州のパートナー大学のうち、三つの異なる大学で勉強する可能性 - 30カ国以上からの優秀な学生のネットワーク 集中的な学習体験を確保するために、各パートナー大学の小さな学生の体 プログラムの構造 プログラムは、成功した学生は60 ECTSポイントを受信するための1学年を対象としています。 コー​​スは10月の初めに開始し、6月に終わります。 学年は3学期に分かれています。 のユニークな国際的、学際的な文字 EMLEプログラム 7ヨーロッパの大学と二つの非欧州のパートナーを下回らないで弁護士やエコノミストの間で集中的な協力を通じて確保されています。 学生は、最大3つの異なる大学で学ぶことができるが、同じ場所にすべての用語を過ごすことはできません。 最初の2つの項では、学生は3教育センターの中から選択することができます。 これは、プログラム全体で105入院学生の最大与えられ、最大35の学生の平均クラスサイズにつながります。 - の中に 1学期、コースはロッテルダム、ハン​​ブルクやボローニャの大学で提供されます。クラスは、一般的に10月の最初の週に開始します。試験は12月下旬終えます。 - の中に 2期目 学生はゲント、ハンブルクやロッテルダムの大学で勉強します。クラスは、一般的に1月の最初の週に開始します。試験は3月下旬終えます。 - の中に 第三項 より多くの教育センターと低い平均クラスサイズがあります。 コー​​スは、エクス・アン・プロヴァンス、ハイファ、ハンブルク、ムンバイ、ワルシャワ、ウィーンで提供されています。 クラスは、一般的に4月の最初の週に開始します。試験は6月下旬に終了します。 入学要件 EMLEは大学院コースです。 好ましいのは、すでに最初のマスターの学位を持っている者に与えられます。 入学のための最小要件は、この度は、関連する労働市場にエンプロイアビリティまで導くことを提供、学士号です。 学士の学位を持つ応募者にのみ、この度は、自国の労働市場における資格の適切なレベルであることの証明を提供する必要があります。 カリキュラムは、法律および/または経済学のコースのかなりの数が含まれている場合、法律や経済学の卒業生のほか、経営管理や他の社会科学における最初の学位を持つ学生にも適用される場合があります。 労働市場における雇用適性に関する上記要件が等しく適用されます。 申請手続き 申請手続きは、申請者が「プログラム-各国の学生や欧州連合(EU)の基準に従い、「パートナー・カントリー・生徒」とみなされているかどうかによって異なります。 EU加盟国や旧ユーゴスラビア、マケドニア、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス、トルコや共和国のパスポートを持っている - - 彼らの主な活動(研究、作業を行っている「プログラム-各国の学生は 'のいずれか、人々されています、など)上記の国のいずれかの最後の5年間で12ヶ月以上の合計。 上記の条件のいずれによって特徴づけされているすべての応募者は、「パートナー・カントリー・生徒」として考えられています。 定義に記載されている国の一つの市民である複数の国籍を持つ学生だけでなく「パートナーカントリー」のように、欧州では12ヶ月を過ごしたしていないが、彼らはProgramme-」として適用するかどうかを選択してもよいことに注意してください各国の学生 'または'パートナー・カントリー・学生の。 DURATION&PRICE 「プログラム-各国の学生のための価格€5,500.-。 「パートナー・カントリー - 学生のための€9,500.-。 [-]

国際ビジネス法と管理の専門マスター

ESCP Europe Business School
キャンパス 全日制課程 1 年 September 2017 フランス パリ

プログラムの主な目的は、彼らは、企業の意思決定プロセスに参加できるように、マネジメントスキル、会社法および国際法に弁護士と法律顧問を訓練することです。 [+]

パリとロンドンのキャンパス&ロンドン・シティ法科大学院で研究。 科学的監督: 教授ジルピエ プログラムの目的 プログラムの主な目的は、彼らは、企業の意思決定プロセスに参加できるように、マネジメントスキル、会社法および国際法に弁護士と法律顧問を訓練することです。 キャリアの機会 企業弁護士、企業法務専門家、国際企業法務専門家、投資銀行における法律専門家、ビジネス・インテリジェンス・オペレーション部長など カリキュラム 理論クラスのライブ実用的な例組み合わせ。授業は、参加者が企業弁護士や法律顧問になるために必要なスキルを習得することができます: 金融の基礎 金融業務 企業経営 自己啓発 金融工学法 アプライド事業法 国際および地方税 金融とビジネス法上のクラスとの会議は、ESCPヨーロッパロンドンキャンパスとロンドンシティロースクールで教えられています。 国際ビジネス法 英語法的システムの概要 交渉と製図契約 訴訟と仲裁 会社法と競争法財務・戦略 金融市場や楽器 トレーディングルームの管理 国際企業戦略 国際経営 時間はキャンパスで過ごしました パリの5ヶ月 - ロンドン(ESCPヨーロッパロンドンキャンパスシティロースクール)で1ヶ月。 市法科大学院のLL.Mに適用できることを選択する学生 クラスのプロフィール 法:100% 12%留学生49%の女性は、51%の男性 言語の要件 フランス語と英語 DURATION 1年間(9月中のスタート) ジョブ調査 43K€は、MS後の平均給与です。 3ヶ月未満卒業後の36%が採用されています。 50%は、彼らの研究を進めています。どの部門で: ファイナンス/銀行/保険:43% コンサルティング:14% 監査/会計:14% その他(公共サービス、メディア、出版、文化など):29% 申し込み方法 オンラインアプリケーション TOEFL、TOEICやIELTSのスコア 個人面接対象とする場合 [-]

経済学の猿のマスター·分析と政策

Paris School Of Economics
キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2017 フランス パリ

APEプログラムは、理論と応用経済学では、高レベル、研究指向のコースを提供しています。 それは、ヨーロッパでは経済学でも有数の大学院プログラムの一つとして、十分に確立され、そのかつての学生の多くは欧州のトップの位置を保持する [+]

フランスで の 法学の修士 2017. APEプログラムは、理論と応用経済学では、高レベル、研究指向のコースを提供しています。 それは、ヨーロッパでは経済学でも有数の大学院プログラムの一つとして、十分に確立され、そのかつての学生の多くは欧州のトップと米国の大学の位置だけでなく、国際機関、行政や中央銀行を開催しています。 EHESS、ENS、ENSAE、エコール·デ·ポンパリテックとHEC:APEプログラムは、共同で、トップのフランスの学術機関の数によって構成されています。 APEの学生は、国際的に公共政策評価、労働経済学と経済理論のリーダーとして認め経済学のパリの学校の研究環境、恩恵を受ける。 カリキュラムの面では、APEの大学院プログラムは、関連する学術機関の多様性にコースのおかげで広い範囲を提供しています。 修士学位を受ける学生のために、主要なキャリアパスは経済学者、アナリストや統計学者などの行政、銀行や保険会社における非学問的立場である - だけでなく、博士課程で再開。 採用情報 修士号を持つ学生のために、多くの人が博士号プログラム(PSE時あるいは)以内に勉強を続けることを選択する。 その他には、フランスの国立行政およびその他の国における、または国際機関、銀行や保険会社に経済学者や統計学者として直接プロの世界を入力してください。 若い博士号のためのキャリアの機会は、フランスや国際大学、研究機関や国際機関における学術位置である。 アカデミック求人市場に参入する際学生はPSEの卓越性の恩恵を受ける。 APE修士課程:詳細なカリキュラム APE修士プログラムは、米国の博士課程の2年間のコースワークに対応した2年間のプログラムです。プログラム。 これは、PSE-博士プログラムにつながることができます。 すべての必修科目とほとんどの選択科目は英語で提供されています。 修士課程(年間M1)の最初の年は、ミクロとマクロ経済学、計量経済学と経済史の基礎と方法論のコースに主に専念しています。 修士課程(年間M2)の2年目に、APEの学生が専門分野(経済理論、産業組織、マクロ経済学、公共、労働経済学、開発経済学、金融)のすべての主要な分野をカバーする幅広い分野から高度なコースを選ぶと修士論文を書く。 アプリケーション締め切り 2015年9月の場合:7月中旬の答えのための答え中旬4月2015年3月6日の前にアプリケーションまたは29日の前に月2015 [-]

法律·税務管理におけるLLM

EDHEC Business School
キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2017 フランス パリ

ロー&税務管理のLLMは、一緒に国際法律事務所や企業の法務部門の事業法の実践の深い理解と、学生に企業とその法的環境との関係をグローバルな知識を提供することを目指しています。 [+]

ロー&税務管理のLLMは、一緒に国際法律事務所や企業の法務部門の事業法の実践の深い理解と、学生に企業とその法的環境との関係をグローバルな知識を提供することを目指しています。 LegalEdhec研究センターの集合的な専門知識、融資実行、プログラムは、ビジネスの弁護士で、社内の相談やコンプライアンス担当者の仕事を目指す学生のために設計実践指向とオリジナルのカリキュラムを提供しています。 「ロー&税務管理のLLMは、法律や税制の両方の分野でEDHECビジネススクールの独特の能力の別の例である。 それは、一緒に私たちのカリキュラムの経験と研究活動をもたらすように設計されています。 私たちの目的は、ビジネス法の分野における知識と実践の橋渡しをすることでもある。」クリストフ·コラール、法学教授 「それは、ビジネス、法律や税務の分野で私達の学生に技術的な知識やスキルだけでなく、をもたらすオリジナルのプログラムですが、私たちは、これらのスキルと企業経営と戦略目標の間のリンクに重点を置く。 そのため、私たちの野心は、現代のビジネスパートナーとしての弁護士の教育に貢献することです。」クリストフRoquilly、法とLegalEdhec研究センター所長教授 学習成果 法的幅広い分野での技術的事項を評価、分析し、実装する 複雑な法的問題を処理する 法的リスク&コンプライアンスを管理する上でのマスター戦略的思考 法律を使用して値を作成します。 [-]

LL.M.ヨーロッパの法律

Panthéon-Assas University - Paris II
キャンパス 全日制課程 1 年 October 2017 フランス パリ

LL.M.欧州法における(法学修士)は、学生に欧州連合(EU)の権限に属するほとんどの地域で欧州法の包括的な理解を獲得する機会を与えてくれます。 コー​​スは、比較し、国際的な視点で教えられています。 [+]

LL.M.欧州法での

LL.M.欧州法における(法学修士)は、学生に欧州連合(EU)の権限に属するほとんどの地域で欧州法の包括的な理解を獲得する機会を与えてくれます。 コー​​スは、比較し、国際的な視点で教えられています。

プログラムの構造

LLM。 24時間ごとの12のセミナー(計命令の288時間)で構成されています

欧州連合(EU)の制度と意思決定構造 ヨーロッパのアイデアの歴史 製品、資本、サービスの自由な移動 競争 会社法と金融市場 国際私法と商業紛争解決 労働法 知的財産 環境法 対外関係 消費者法 人権学 ... [-]

法と経済学におけるヨーロッパのマスター(EMLE)

University of Haifa, Faculty of Law
キャンパス 全日制課程 1 年 October 2017 フランス エクスアンプロヴァンス

法と経済学(EMLE)プログラムでこの欧州のマスターは、2つあるいは3のヨーロッパと非ヨーロッパの大学で法と経済学の学際的研究のためのユニークな機会を提供しています。 各パートナー大学賞修士(LL.M. / MA /修士)。 [+]

ハイファ法科大学院 法と経済学におけるヨーロッパのプログラムの完全なメンバーになるための最初の非ヨーロッパの法律学校です。 これは、学生は、3つの異なる大学で3学期を過ごす法と経済学のマスターに向かって1年間のプログラムです。 ハイファ大学は、このプログラムの第3項の大学です。 約10イスラエルの学生は、毎年プログラムに入学されています。 AALS - ハイファ法科大学院はまた、法科大学院の協会の外資系メンバーです。 法と経済学(EMLE)における欧州のマスターは、法と経済学(EMLE)プログラムでこの欧州のマスターは、2つあるいは3のヨーロッパと非ヨーロッパの大学で法と経済学の学際的研究のためのユニークな機会を提供しています。 各パートナー大学賞修士(LL.M. / MA /修士)。 プログラムは、発散法の経済効果の高度な理解を学生に提供し、多国籍法律事務所やコンサルタント会社で、公的機関では、例えば、プロとしてのキャリアのための学生を準備します。 卒業生は、このような法と経済学(EDLE)欧州博士としても、博士課程で博士号の研究のためによく準備されています。 「優れた学術的な品質 "のエラスムス・ムンドゥス修士プログラム:EMLEはエラスムス+として欧州委員会によって認識されてきました。 エラスムス・ムンドゥスラベルはEMLEプログラムは毎年(非ヨーロッパの学生にいくつかの完全な奨学金を含む)奨学金の相当数を付与することができます。 法律の学生のために、母国の具体的な規制の知識が国際貿易で活躍するカウンセリング企業の狭すぎる拠点です。 また、法的ルールの経済効果に精通は顧客の商業ニーズを理解するために不可欠となっています。 同様に、経済学の学生は、市場経済の制度的な法的枠組みの正確な理解から利益になります。 弁護士やエコノミストの両方のために、他の規律の知識と国際的な接点が成功し、将来のキャリアのために非常に重要です。 EMLEプログラムは、これらの課題への制度的応答です。 真に学際的アプローチ - :EMLEプログラムはEMLEプログラムは、次の機能のユニークな組み合わせを提供しています特徴: •法と経済学の両方で講義 •法律や経済の学部の卒業生に開放されているプログラム 法と経済学の分野で一流の学者や実務家からなる大規模な教員を• - 国際的なカリキュラム、教員、および学生組織 •欧州7パートナーといくつかの非欧州のパートナー大学のうち、三つの異なる大学で勉強する可能性を •30カ国以上からの優秀な学生のネットワーク - 各パートナー大学の小さな学生本体プログラムが成功した学生は60 ECTSポイントを受信するための1学年をカバーする集中的な学習体験のプログラムの構造を確認します。 コー​​スは10月の初めに開始し、6月に終わります。 学年は3学期に分かれています。 EMLEプログラムのユニークな国際的、学際的な文字は、7ヨーロッパの大学と3つの非欧州のパートナーを下回らないで弁護士やエコノミストの間で集中的な協力を通じて確保されています。 学生は、最大3つの異なる大学で学ぶことができるが、同じ場所にすべての用語を過ごすことはできません。 最初の2つの項では、学生は3教育センターの中から選択することができます。 これは、プログラム全体で105入院学生の最大与えられ、最大35の学生の平均クラスサイズにつながります。 - 最初の項では、コースはロッテルダム、ハンブルクやボローニャの大学で提供されます。 クラスは、一般的に10月の最初の週に開始します。試験は12月下旬終えます。 - 第二項では学生がロッテルダム、ゲント、ハンブルクの大学で勉強します。 クラスは、一般的に1月の最初の週に開始します。試験は3月下旬終えます。 - 第三項ではより多くの教育センターおよび低い平均クラスサイズがあります。 コースは、エクス・アン・プロヴァンス、ハイファ、ハンブルク、ムンバイ、ウィーン、ワルシャワで提供されています。 クラスは、一般的に4月の最初の週に開始します。試験は6月下旬に終了します。 入学要件EMLEは大学院コースです。 好ましいのは、すでに最初のマスターの学位を持っている者に与えられます。 入学のための最小要件は、この度は、関連する労働市場にエンプロイアビリティまで導くことを提供、学士号です。 法律専門家に関しては特に、厳格な仕事の予選基準(第1マスター度)は国の規制により必要となる場合があります。 学士の学位を持つ応募者にのみ、この度は、自国の労働市場における資格の適切なレベルであることの証明を提供する必要があります。 カリキュラムは、法律および/または経済学のコースのかなりの数が含まれている場合、法律や経済学の卒業生のほか、経営管理や他の社会科学における最初の学位を持つ学生にも適用される場合があります。 労働市場における雇用適性に関する上記要件が等しく適用されます。 アプリケーションの手順申請手続きは、申請者が「欧州の学生や欧州連合(EU)の基準に従い、「第三国の学生」とみなされているかどうかによって異なります。 ヨーロッパの学生は誰のいずれかのものであり、 •EU加盟国またはEEA-EFTA国(アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー)のパスポートを持っている、または •上記の国のいずれかに過去5年間で12ヶ月の合計よりも多くのための彼らの主な活動(研究、仕事、など)を行っています。 上記の条件のいずれによって特徴づけされているすべての申請者は、第三国の学生とみなされます。 定義に記載されている国の1つ、並びに非ヨーロッパの国の市民である複数の国籍を持つ学生、そしてヨーロッパで12ヶ月過ごしたしていないが、彼らはヨーロッパとして、または第三として適用するかどうかを選択してもよいことに注意してください国の学生。 非EU学生のための価格5,500 EUR€9,500.- [-]